スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.5

Panacea-BOCAF On-Line University
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして読んでください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication

[Stanley Allen Meyer Page 35]
Conditioning
The conditioning time was pretty long. The surface forms a layer of Nickel oxides along with Chromium oxide as well and in the case of 316L you have @ 2% Molybdenum in the SS alloy but you could be right about the Cr oxides acting as a dielectric. Nickel passivates in air and forms oxides like Zinc in galvanised form. Example: incase you need to electroplate on nickel you need to reactivate the surface layer before the plating process or the plated layer just peels off.
調節時間はかなり長かったです。 表面はクロム酸化物と共にニッケル酸化物の層をうまく形成し、そして、316Lの場合では、SS合金に@2%のモリブデンが含まれていますが、誘電体としてクロム酸化物が作用することはあり得るかもしれません。ニッケルは、空気や酸性物質により不動態化され、亜鉛メッキされたような状態になります。[不動態:金属の表面に酸化した被膜(薄膜)ができ、内部を酸による腐食や、酸化などから保護する状態のこと。非常に酸化力の強い酸に曝された金属の表面にも不動態ができる場合がある。ステンレス鋼は、特に極薄の不動態皮膜によって耐食性が安定に維持される。酸化剤、例えば硝酸などによるステンレス鋼(12%以上のCrを含有する316L)の不動態化現象は、酸化剤の作用(電子を吸い取る)で、目に見えない透明な厚み1~3nm の水和オキシ水酸化クロム(他の元素の濃縮はない)が合金表面上に形成される現象である。したがって、酸化力のない環境では不動態皮膜は生成されない。] 用例:電解ニッケルメッキが必要な場合、メッキ行程前またはメッキされていた場合は、一皮剥くかメッキを剥がし表層を復活させる必要があります。

The initial conditioning is very very important and I recommend to use the process I posted as with lesser Amps you form a thin fine grain layer and once you increase the Amps the grain size of the deposition layer increases. The bigger grains can come off the surface easily...so once you do this you go back to the longer time low Amp conditioning in the process I posted...this again reinforces the larger grains deposited during the high Amp conditioning to bond to the base / previous layer. I have never posted this info before but this is the reason why different Amp levels are used in the process. I have to give the reasoning for the low Amp conditioning as a lot of replications seem to be taking the short cut method of conditioning at high Amps to save time.
初期の調節は非常に非常に重要です、そして、私が掲示した、最初に少ないアンペアで薄い細い粒子のコートを形成し、その後、アンペアを増加して多くの大きな粒子のコートを積層させる調節を推奨します。大きな粒子のコートは、表面から容易にとれてしまいます... とれてしまった場合は、もう一回はじめから少ないアンペアで行う方法、私が示した調節をやり直してください... この作業は、大きな粒子のコートを再びベース/前の層に接着し補強します。私は、以前、このインフォメーションを一度も掲示したことがありませんが、これが異なったアンペアレベルで調節を行う理由です。 たくさんの複製が、調節時間を節約するために高いアンペアで調節する方法を取っているようなので、私は低アンペア調節のための推論を与える必要があります。

PLEASE DONOT GO ABOUT CONDITIONING WITH HIGH AMPS ONLY AS YOU'LL ENDUP HAVING A WEAKLY BONDED COAT. LOW AMP CONDITIONING IN EXTREMELY IMPORTANT FOR PROPER BONDING OF LAYERS TO THE BASE METAL and the previous layers. FOLLOW THE POSTED PROCEDURE. It’s a time consuming process but worth the effort. The bond strength of the layer can be increased further as after every cycle of conditioning you need to stop for at least an hour. During this period you can let the pipes air dry only after every cycle...this compacts the layer even more due to the loss of moisture from the surface...then change water and go about the conditioning cycle. Never touch the layer till it dries up completely.
弱々しく接着されたコーティングになりますので、高いアンペアのみでの調節には取り組まないでください。 低アンぺアでの調節は、コートの適切な接着のため非常に重要な行程です。 掲示された手順に従ってください。 それは、時間のかかる行程ですが努力に値する価値があります。コートの付着強度は、調節サイクル後のセルを休ませている間(1時間の間)に強化されます。 この期間、調節サイクルの後にだけパイプを空気乾燥できます... これは表面から水分がなくなるため層を固まらせます... 次に、水を変えてください、そして、調節サイクルに取り組んでください。 完全に乾燥するまでは、コートに決して触れないでください。
http://www.mtaonline.net/~hheffner/GlowExper.pdf
Ravzz states- IT DESCRIBES WHAT REACTIONS HAPPEN DUE TO CONDITIONING!! IT SAYS THIS CONDITIONING COAT FORMS IN WATER WITH NICKEL.....WELL SS316L HAS THE MOST AMOUNT OF NICKEL IN THE 300 SERIES! This even confirms the reason why there is a glow in the WFC and even confirms that it can be seen only when its dark...and that’s what I had seen. Looks like this the key to what happens during and due to conditioning. The doc even talks about cold fusion taking place in the cell.....and over unity due to the conditioned coat!! These docs should put an end to the reason why conditioning is so important and why the step conditioning needs to be followed.
ラビ氏は、提示する - それは、どんな反応がこの調節で起きているのかを記述します! この調節でできるコーティングが、水とニッケルで形成されることを示します..... そして、SS316Lは300のシリーズの中で最も多くの量のニッケルが含まれています!これは、その理由の裏付けになります、なぜ、暗闇でWFCの輝き(光っている)を見る事ができるのか... それは、私が実際に見たものです。[プラズマかもしれない] これが、調節中および調節のために何が起こっているかの、カギになります。 資料(document)は、セルの中に起こる常温核融合に関して話しています..... そして、Over Unity (入力<出力)は、調節されたコートのお陰で起こります!!これらの資料(documents)は、調節がとても重要であり、ステップ調節(低アンペアから行う、ラビ氏の方法)を行う必要がある最終的(決定的)な理由です。
http://www.mtaonline.net/~hheffner/BlueAEH.pdf
http://www.mtaonline.net/~hheffner/GlowExper.pdf
http://www.mtaonline.net/~hheffner/OrangeGlow.pdf
http://www.mtaonline.net/~hheffner/Key2Free.pdf
The following may be related, could the plasma version of the "diode effect" mentioned in papers previously mentioned above.
以下は関連している可能性があります、上記に記載の論文において言及された「ダイオード効果」のプラズマバージョンはそうすることができました。


Additional options
Using Delrin
5-1.jpg

In one of Stan’s patents he talked about using polyoxymethylene (Delrin) which has a high dielectric constant. He used Delrin on the outside of the outer pipe and the inside of the inner pipe to contain the electron leakage. The barrier formed by the conditioning coating has a comparatively lesser dielectric constant than the Derlin material thickness used.
スタン氏の特許のうちのオプションの1つは、高い誘電率(絶縁性)を持っているポリオキシメチレン(デルリン)を使うことについて述べています。彼は、リークを防ぐために、アウターパイプの外側とインナーパイプの内側にデルリンを使用しました。調節(以下で説明)コーティングで形成されたバリアは、デルリンの材料厚より薄く、比較的少ない誘電率を持っています。

Slots cut into the outer pipes
The picture below clearly shows there are slots in Stanley Meyers tubes, light can be seen though the slots eliminating the possibility of it being spacers. A Rectangular slot cut in the top of each tube can clearly be seen.
下の写真は、スタンレー・マイヤー氏のチューブにスロットがあることをはっきりと示し、後ろの光が透けているのでスペーサーである可能性はなく、チューブが取り除かれたスロットです。 個々のチューブのトップに切開された矩形のスロットがはっきりと見てとれます。
5-2.jpg
Stan’s cell in operation ? Scene is taken from a documentary on Meyers

Since we are dealing with an acoustic resonance it makes sense to create slots in the positive of the tubes to help mimic the resonant frequency of the negative tubes. It is not known for sure why Stan did this at this time. Please consult the original D14 document for more back round.
ここでは音響共鳴を扱っているので、(+)極チューブにスロットを作成して(-)極のチューブの共鳴周波数に近づける手助けをしています。 スタン氏がなぜ、これをしたかは確かに知られていません。 詳しくオリジナルのD14文書を参照してください。
5-3.jpg
WFC by spike

The original D14 document described a way to create the same resonant pitch when constructing. Please consult the original D14 document. An engineer has contacted Panacea and offers the following advice.
Message: I have duplicated Stan Meyer's work, and have taken it several steps forward.
First, during assembly of the generator, I have found that you must tune the tubes to the same pitch. I do it with a simple guitar tuner. Just clip it to the tube and strike it with a small brass (to prevent polarization) hammer. The easiest way to change the pitch, it's always the outside tube, grind a notch in it like Stan did.
オリジナルのD14文書は、組み立てるときに同じ共鳴周波数にするための方法と述べていました。オリジナルのD14文書を参照してください。 エンジニアは、Panaceaに連絡して以下のアドバイスに従ってください。メッセージ: 私は、スタン・マイヤー氏の仕事をコピーして、いくつかのステップの前にスロットを作りました 。[フルー管の調律:http://blog.livedoor.jp/polymnia/archives/cat_50038725.html] 
最初に、ジェネレータのアセンブリの間、私は、チューブを同じピッチ(周波数)に調整しなければならないと気付きました。私は簡単なギターチューナーで、ピッチ調整を行います。[KORG INC:http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/] クリップ式チューナーをチューブに留めて、小さい真鍮ハンマー(振動方向の分布を一様にするため)で打ってください。最も簡単なピッチを変えるための方法は、スタン氏が行ったような、外のチューブにV字形の切込みを入れる方法があります。


Second, oscillate it with high voltage, low amperage voltage. Water resonates at 926khz, and will disassociate at that range. Before conditioning the generator, briefly dry modulate it in 5 second bursts, with about 2 min between bursts for about 10 min. You should be able to hear it hum, and with a practice ear, tell if one set is out of pitch. I also added a toroid coil, to produce parahydrogen. Tube size is determined by the diameter of the cell, be it 4, 5, or 6 but the optimum gap between tubes should remain .045 to .060. Try to maintain the low side. You are correct, in that it takes at LEAST 2 to 3 months to condition your tubes. I don't add the toroid until final assembly, and try to maintain a 1/8' gap from the top of the tubes to the toroid. I am currently running 70psi in the generator. -End
第二に、高電圧、低アンペアの電圧で、それを振動させてください。水は、926khzの周波数帯で、共鳴して分解するでしょう。ジェネレータを調整する前に、5秒ほど水滴を飛ばして約2分から10分ほど乾燥させてください。そうすればハミングされるのを聞くことができるはずで、訓練すれば、耳で周波数がずれているセットがわかるようになるでしょう。私は、パラ水素を生み出すために、トロイドコイルを追加しました。[パラ水素:水素分子は、それぞれの原子核(プロトン)の核スピンの配向により、オルト(オルソ、ortho)とパラ (para) の2種類の異性体が存在する。統計的な重みが大きいほうをオルトと呼ぶ。オルト水素は、互いの原子核のスピンの向きが平行で、パラ水素ではスピンの向きが反平行である。オルト水素とパラ水素は、化学的性質に違いがないが、物理的性質(比熱や熱伝導率など)が若干異なる。] チューブのサイズはセルの直径によって決定されます、4インチ(101.6mm)、5インチ(127mm)、6インチ(152.4mm)にかかわらず、チューブの最適なギャップは、0.045インチ(1.143mm)から0.060インチ(1.524mm)の間であるべきです。低い側を採用してください。チューブを調節するために、最小で 2~3ヶ月に取るという認識で正しい。私は最終的なアセンブリまで、トロイドを追加せず、チューブの上部からトロイドまで1/8インチ(3.175mm)のギャップを試しました。 私は、現在、ジェネレータを70psi = 4.921kg/cm2で動作させてます。- おわり

Cold Current Circuit
If you are experimenting with the cold current circuit, and wish to alter the values of the circuit components for example the capacitors. Please keep the following in mind. Ignoring some relatively minor construction features, capacitors are all the same. They act as a reservoir for electrons. If you have a lot of electrons like in a power supply, then you need big capacitors - the bigger the better. If you are passing low frequency AC through a capacitor, then when the signal is high, electrons will flow into the capacitor. When the signal goes low, those same electrons will flow back out. You need to make sure that the storage capacity inside the capacitor is big enough to handle the current flowing in and out. If the frequency is high, then the signal is only high for a very short time and so not much storage capacity is needed. Consequently, high frequency capacitors can be very small in size. BUT if the capacitor is high quality and has low leakage as a component, then a large capacitor can do the job at high frequency just as well (though it is physically bigger, heavier and more expensive) - just commonsense really.
もしCold Current回路で実験し、例えば回路部品において、コンデンサーを安く済ませたいと望むならば。以下を覚えておいてください。いくらかの割合で入力を無視する点で、コンデンサーの動作は共通です。それらは電子の貯蔵所として機能します。もし電源の中のたくさんの電子があるならば、大きいコンデンサーが必要です-より大きいほうが良い。 もしコンデンサーを通るのが低周波の交流であるならば、電子がコンデンサーに流れこむ時、周波数が高くなるでしょう。信号が低くなるとき、それらの電子は逆流するでしょう。あなたは、コンデンサーの容量が電子の流れを処理するために十分な容量があるかを確かめる必要があります。もし周波数が高いならば、信号は非常に短い間、高いだけなので、コンデンサー容量は多い必要はありません。その結果、高周波のコンデンサーのサイズは、非常に小さくなります。もしコンデンサーが高い品質で低漏れ電流品ならば、大きい容量のコンデンサーでも、高周波で仕事をすることができるでしょう。(それは物理的により大きく より重く、より高価ですが) - 常識的である。

When used in a timing or oscillator circuit, small capacitors fill up faster and as the circuit switches over when the capacitor is full, the generated frequency is higher. The rate of current flow into a capacitor is controlled by the size of the resistor feeding it - the higher the resistor value, the lower the current flowing through it, the slower the capacitor charges up, the lower the frequency of the oscillator.
タイミングまたは発振回路において使われる時、回路上では小さいコンデンサーがより速く切り替え動作をするので、生成された周波数はより高くなります。コンデンサーに流れる電流は、抵抗器の大きさによって制御されます。 - 抵抗(Ω)を大きくすると、電流(A)は小さくなる。[E(V)=R(Ω)× I (A)] コンデンサーがよりゆっくりとチャージすればするほど、発振器の周波数はより低くなります。

You will see this in, say, Dave Lawton's circuit where the frequency range is selected by switching a larger capacitor into the circuit to get a lower frequency. 47, 10 and 1 microfarad for slow, medium and fast gating while the high frequency oscillator which is being gated has 0.22, 0.1 and 0.01 microfarad capacitors giving a very much higher frequency. (The old version was drawn with the switches operating in opposite directions).There is lots of scope for variations, but typically, 10 microfarad capacitors are for switching in the 10 Hz or lower region, 0.1 to 1 microfarad for high audio frequencies, and 0.01 or smaller for ultrasonic or radio frequencies.
デイブ・ロートン氏の回路は 、周波数レンジをスイッチにより切り替えられるようになってます。47μF、10μF、1μF、それぞれスロー、ミディアム、ファーストの発振(スイッチで切り替え)、 そして、0.22μF(220nF)、0.1μF(100nF)、0.01μF(10nF)のコンデンサー(スイッチで切り替え)によって、より速い周波数が発振されます。(スイッチがそれぞれ反対の方向に作動している状態で、古いバージョンは描かれました。) 多くのバリエーションがありますが、10μFコンデンサーが10Hzか少し低い領域で発振し、0.1から1μFは、高い可聴周波数で発振し、そして0.01μFもしくはそれより小さいサイズは、超音波またはラジオ周波数での発振になります。[Pulsed Water-splitters No.3(回路の説明) http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10332022863.html]
5-4.jpg
デイブ・ロートン氏の回路(クリック拡大)


A third party has confirmed that after speaking to Dave Lawton on the phone he expressed the opinion that the size of the capacitors was not particularly important as the frequency was high. Dave was doubtful about that and said that the bulb lit better the larger the capacitor was. So, although some may see no logic for it at all, it is better to go with very large capacitors.
第三者は、電話でデイブ・ロートン氏と話しに、彼が周波数が高かったので、コンデンサーのサイズは特に重要ではなかったという意見を述べたと確認しました。デイブ氏は、それに関して疑問を持っており、コンデンサーの容量が大きい方が、電球をより明るく点灯させたと言いました。従って、そのためのロジックを全然見つける事ができないけれども、非常に大容量コンデンサの方が良いです。

Note ?on the circuit it looks as it is a DC cap. There is no such thing as "an AC capacitor" or "a DC capacitor" there are just "capacitors". They are all the same, with the slight exception of manufacturing differences in the materials used. Tantalum has minimal leakage and can hold their charge for days on end, but they don't go above 1 mF in capacity. Electrolytic capacitors can have massive capacities but their leakage can be massive with the charge bleeding off rapidly from really big ones. So there is no AC or DC capacitors, just "capacitors" and any of them can be used for any application. Low capacitances can't handle low frequencies properly as they fill up long before the waveform has returned to zero, so the waveform gets chopped off and highly distorted.
注意 - 回路上では、DCコンデンサーであるように見えます。「ACコンデンサー」または「DCコンデンサー」というものは無く、それは、ただの「コンデンサー」です。それらは、使われた素材の製造差の例外でみんな同じです。タンタルは最小量の漏れで、数日の間チャージを保持できますが、容量は1μFより大きくできません。電解コンデンサーは大きな容量を持つことができますが、それらの漏れは大きく急速であるかもしれません。交流用または直流用のコンデンサーはないので、どのような用途でも「コンデンサー」として使用できます。低い容量のコンデンサーは、波形がゼロに戻る長い間の前に放出してしまうので、低周波を適切に処理できません。従って、波形は切りとられ、高度にひずんだ形になります。

By showing the capacitors that Dave used, without making it clear that he used those capacitors as they happened to be sitting on his bench at the time he was experimenting with the circuit. It is highly likely that any electrolytic capacitor will work in that position. Just whack one in and see if it works well. A 'common-or-garden' 1000mF would probably do very well - just try whatever is to hand. It is definitely NOT the case that Dave tested lots of capacitors and found that the only ones that worked were the ones shown in the circuit.
[わかり辛いので概要だけ。デイブ氏の回路図にある、555タイマーチップにつながるコンデンサ(各チップの3種類)の選定は、実験結果から効果的なものを選んだのではなく、「こんなもんだろう」と勝手に決めたもので、正確ではないと言うことのようです。ですので、最適な組合せを探せるように、調整可能になっているようです。詳しくは、リンクを参照願います。Pulsed Water-splitters No.3(回路の説明) http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10332022863.html]

5-5.jpg
Analogy of the cold current circuit by Tao



スポンサーサイト

Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.4

Panacea-BOCAF On-Line University
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして読んでください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication

[Stanley Allen Meyer Page 27]
Above is a picture of the multiple bifilars Ravi tried on the WFC. These were connected to each pipe individually. Diode used 1200 V 40 Amps. Solid core length 8" wound with 0.711 mm conductor end to end. The generation increased by approximately another 10cc of gas for a 20 second period compared to regular wound inductors. This works on efficiency!! Need to try out other combos to see if it can increase some more.
下は、WFCにおいてラビが試した複数のバイファイラーの写真です。 これらは個別に各パイプに接続されました。 ダイオードは1200V-40Aを使用しました。 芯(フェライト棒磁石)は長さ8インチ(203.2mm)で、0.711mm径のエナメル線で巻かれています。 インダクターを使用する事で、使用しないときに比べ、常時、約10cc/20secのガスの増加が得られました。 これは効率に影響します! より発生を増加できるかを確認するために、他の組合せを色々と試す必要がありそうです。
4-1.jpg



[Stanley Allen Meyer Page 28-32]
4-2.jpg
Variable resistors

Ravi also experimented with using Nichrome 80/20 Resistance Alloy wire in 1.6 mm diameter as the variable resistor. This has resistance of 0.52 Ohms/mt. The efficiency of the cell comes down initially. Ravi states that “if I dont use it for about three to four days but about ten to fifteen minutes after its switched on it gets back to the higher efficiencies”.
ラビ氏は、また、可変の抵抗器として1.6mm直径のニクロム線(NiCr 80/20) を抵抗として実験を行なった。[ニクロム線:ニッケルとクロムを中心とした合金で作られたもの。ニクロム線は電気抵抗が大きくて高温に強く耐久性があるため電熱線として広く利用されている。たとえば、ドライヤー、電気コンロや電気ストーブなどのヒーターとして、ニクロム線は使われている。] これは0.52Ω/mの抵抗を持っています。 セルの効率は、抵抗を入れることで下がります。「実験ですので、約3~4日間は使用してませんが、抵抗をつけた約10~15分後には、より高い効率に戻ります。」と、ラビ氏が述べています。

If you go through Stan's patent 4,798,661 on page2 Figure 1 these variable resistors are designated by the numbers 60a to 60n which are individually connected to each of the inner tubes. Ravi has not tried the immersed exciter array in figure 1 this could probably increase the efficiency even more!
スタン氏の特許#4,798,661[http://www.freepatentsonline.com/4798661.pdf]で見るならば、2ページFigure 1により示され、これらの可変の抵抗器は、チューブのうちのそれぞれと個々に接続される60aから60nまでになると思われます。ラビ氏は、たぶん効率をもっと増大できただろうFigure 1でのEXCITER ARRAY(37番)を沈めることを、試みませんでした![EXCITER:励磁機(れいじき)、励振器(れいしんき) 励磁:コイルに電流を通じて磁束を発生させること。励振:小さな振幅の刺激によって、大きな振幅の振動が引き起こされること。また、引き起こすこと。]

4-3.jpg
Stan's patent #4,798,661 on page2 Figure 1


Connecting the unit to an ICE
The main reason why Ravi wanted to free source this process was to be used for vehicles as this unit cannot / would not be allowed to be sold commercially as it can give you at least 50% gain in mileage! This would reduce the world’s automobile pollution problem drastically. Power generation through an ICE is not that feasible due to the high wear pertaining to automobile engines when used continuously for months together. As per Ravi’s calculations the engine needs a re-bore every two months if used continuously!!. So the only viable alternative is to use in small Turbines. For backup gensets, IC Engines could be OK. When connecting to an ICE there are a lot of minor to major modifications and tune ups need to be done depending on the engine type and /year of make.
ラビ氏が技術を公開したかった主な理由は、自動車の燃費における最低50%の向上を与えることができるので、このユニットを商業的に売ることが許されないためです! これは世界の自動車公害(排気ガス問題)を大幅に減らします。ICE(Internal Combustion Engine:内燃機関)から発電する方法は、何カ月も絶え間なく継続的に使用されると、自動車用エンジンは多くの摩耗が起こるため現実的ではありません。ラビ氏の計算によると、もし継続的に使われるならば、2ヶ月毎にエンジンをOH(オーバーホール)する必要があるようです。従って、唯一の実行可能な選択肢は、ガスタービンエンジンを使う方法です。バックアップ発電において、IC Engines(Internal Combustion Engine:内燃機関)の採用は、OKかもしれません。内燃機関への装着は、エンジンの大小様々な変更が必要となり、さらに、エンジンのタイプと、製造年に応じて調整される必要があります。


Frequency Generator
4-4.jpg
Front view
4-5.jpg
Rear view
4-6.jpg


4-7.jpg


4-8.jpg

4-9.jpg
Panacea’s first test cell

Variable inductor
Ravi is trying some variable inductor Concepts.
ラビ氏は、様々な可変インダクタ構想を試しています。
4-10.jpg

4-11.jpg


[Stanley Allen Meyer Page 33-34]
Faculty information
Solid state version
Ravi advises that if the FETS in your signal generator are blowing, the best option would be to alienate the freq gen by introducing the VIC in between. Go through Stan’s US Pat 4936961 for the construction details of the VIC. All that is required are the inductors and a torroid to be wound as per the patent. Ravi states to use larger diameter wires and a larger torroid to avoid heating up of the windings. Also use a high speed 600-1200V 40 Amp diode in between the positive of the inductor and the toroid’s secondary. Problem solved!
ラビ氏は、もし信号発生器のFETSが逝くようならば、最良の選択肢は、中間にVIC(電圧-電流変換器)を導入することによって周波数発生を避けることであるとアドバイスします。VICの構成を確認するために、スタン氏の特許#4,936,961[http://www.nogw.com/download2/-9_meyer_water_electrolysis2.pdf]に目を通してください。ラビ氏は、コイルの発熱を避けるために、より大きい直径ワイヤと、より大きいトロイドの使用を述べてます。また、トロイダルコイルの2次側とインダクタの(+)極との間に、高耐圧・高速ダイオード 600~1200V/40Aを使用してください。 解決された問題!
3-12.jpg


Originally Dave’s 100 turn inductors were actually made from this VIC description. He did only the inductors and left out the torroidal and the diode. The torroid is the one that isolates the frequency generator and steps up the voltage. Ravi reports that he has already tested it and it improved the gas generation even more.
元々、デイブ氏の100回巻きのインダクタも、このVICの記述により作られました。彼は、トロイダルとダイオードを省略してインダクタだけを使用しました。トロイドは、周波数発生と電圧上昇とを分離するものです。ラビ氏は、既にトロイダルとダイオードの追加をテストし、それがガス発生をさらに改善したと報告します。

Faraday calculations
Calculating 2.4 Watts x 1 hour long applied / liter. 2.4 Watt hours of energy per Liter. That’s multiplied with the hour not divided by the hour.
水素は、1リットル当たり、2.4W/hourのエネルギーです。

Volts x Amps = Watts
12 x 0.51 = 6.12 watts [投入エネルギー]
The generation is around 7 cc/sec of H2 + O2
H2 + O2のガスの発生が7cc/sec、その2/3が水素ガス(4.66cc)

This converts to 4.66 CC of H2/sec which converts to 16.776 Lits / hour 16.776 x 2.4 watts (Faraday/lit/hour generation) = 40.262 Watts. Ravi seems to be generating the equivalent of 40.2 watts as per Faraday with just 6.12 Watts. This would mean he is generating 550% excess as the above works out to 40.2/6.12 x 100 = 656.86%656.86 - 100 (Faraday) = 556.86% OU !!
これは、4.66cc(水素)/sec→16.776L/hour、16.776 x 2.4 watts (Faraday/lit/hour generation) = 40.262 W。ラビ氏は、6.12Wの投入エネルギーで、40.2W分の水素ガス発生を得られた計算になります。分解効率は、40.2W(発生)÷6.12W(投入)x100(率) = 656.86% これは、656.86%-100%(投入)=556.86%、550%以上の過剰なガス発生が得られたことを意味します!!

Presently the approximate volumetric gas discharge by an inverted measuring flask is given below:
逆さにした計量フラスコによる、放出ガスの容積測定結果を以下に示します:

INPUT--H2+O2 cc/sec----H2 only cc/sec-----H2 L/hour
0.5 A-----7.00--------------4.66-------------16.776
1.0 A-----8.66--------------5.78-------------20.808
1.5 A-----11.66-------------7.78-------------28.008
2.0 A-----14.00-------------9.33-------------33.588
3.0 A-----16.36------------10.91-------------39.276
4.0 A-----18.00------------12.00-------------43.200
H2+O2 was calculated on an average basis for collection time of 30 secs. I'm not very sure of H2 and O2 volumes as I've calculated H2 as 2/3rd the volume of the total and O2 as 1/3rd the volume. Incase im wrong please do let me know how to calculate these.
水素+酸素(混合ガス)量は、30秒間の平均収集量に基づいて算出された。水素と酸素の量は、別々に測定したのではなく、発生した混合ガスにおいて水素2/3、酸素1/3の比率で導き出しました。間違っていた場合、どのようにこれらを計算するかを知らせてください。


The gas collected was over 150CC could be 160 / 165CC. As some might say that there could be Steam / Vapour / Mist lets just take the output as 150CC in 20 Secs. This comes to 7.5CC of gas/Sec at 0.48A - 0.50A. Last I checked with the old leads was 7.0 CC gas without any thing removed from the generation.This video shows the voltage input and the amps in both digital and analogue meters. One part of the pulse circuit was switched off (left side 555 in the D14 with the switch on pin 3) and you can see that the current draw is over four fold.
収集されたガスは、150ccより多く160/165ccであるかもしれない。いくつかの可能性をいうと、湯気/蒸気/霧が、150cc/20secのガス発生に含まれているかも知れません。これは、0.48A-0.50Aの投入で、7.5cc/cecのガス発生になります。最後に、私は古いリード(銅に変更する前のステンレス導線仕様)によってチェックしました、7.0ccのガス発生でした。下記の動画は、デジタルテスターで電圧入力を、アナログメーターで使用アンペアを見せています。パルス回路の1つの部分のスイッチが切られ(D14回路における左側IC555のピン3のスイッチ)、その後、使用電流が4倍を超えている事に気づくと思います。[パルス回路の効果を証明していると思われます]


Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.3

Panacea-BOCAF On-Line University
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
見出しのページ番号は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』と対応してます。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして解読してください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication

[Stanley Allen Meyer Page 18-20]
Video 2: This video shows freshly filled Tap Water. No other impurities (Read no Salts or Acids or anything at all just plain tap water and not distilled water) added.
ビデオ2: このビデオは新たに満たされた水道水を示します。不純物を加えたものではない。(蒸留水ではなく、また、塩や酸を追加していない普通の水道水です)


Additional options
In one of Stans patents he talked about using polyoxymethylene (Derlin) which has a high dielectric constant. He used Derlin on the outside of the outer pipe and the inside of the inner pipe to contain the electron leakage. The barrier formed by the conditioning (explanation below) coating has a comparatively lesser dielectric constant than the Derlin material thickness used. Also D14 originally talked about creating slots in the outer pipes. This has not been confirmed yet, and should be investigated further.
スタン氏の特許のうちのオプションの1つは、高い誘電率(絶縁性)を持っているポリオキシメチレン(デルリン)を使うことについて述べています。彼は、リークを防ぐために、アウターパイプの外側とインナーパイプの内側にデルリンを使用しました。調節(以下で説明)コーティングで形成されたバリアは、デルリンの材料厚より薄く、比較的少ない誘電率を持っています。またD14は、外のパイプにスロットを作成することに関して話しました。これは、まだ確認されていないので、さらに調査されるべきです。

Conditioning
Average time takes 4 weeks, based on Dave's and Ravi's reports. The impurities in the water differ from place to place. This makes a huge difference. You could see this difference by using ground water and water from streams and lakes which has been exposed to sunlight. Ravi chooses to use tap water.Electrode conditioning helps by providing an appropriate insulating layer on the electrodes and that helps to lower useless current leakage through the water. Check this video. You can see the confirmation of non conductivity of the layer formed. The white insulating coating formed during conditioning is non conductive in between the tubes (pipe gap) so you need to take it for granted that the process is basically dielectric breakdown of the bonds. The initial conditioning is very important. Ravi recommends to only using the following process described.
平均的な調節時間は、デイブ氏とラビ氏のリポートによると4週間かかります。水の不純物は、地域によって違います。これは莫大な違いを生じさせます。あなたは日光にさらされている湖水と、川の水、地下水とで違いを見つけることができると思います。ラビ氏は、水道水を使用することを選びました。調節された電極は、電極の上で適切な絶縁層を提供することによって、無駄な(水を通しての)漏電電流を下げるのを助けます。このビデオをチェックしてください。[動画はリンク切れ] 調節層が形成され非伝導になったことを見ることができます。調節時に形成された白い層(絶縁コーティング)が、チューブ(パイプギャップ)の間で非伝導であるので、くっつく過程で、基本的に絶縁破壊されます。初期の調節は非常に重要です。 ラビ氏は、説明された以下のプロセスを唯一推薦します。

DO NOT GO ABOUT CONDITIONING WITH HIGH AMPS ONLY AS YOU'LL ENDUP HAVING A WEAKLY BONDED COAT ON YOUR NEGATIVE TUBES. LOW AMP CONDITIONING IN EXTREMELY IMPORTANT FOR PROPER BONDING OF LAYERS TO THE BASE METAL and the previous layers.The bond strength of the layer can be increased further as after every cycle of conditioning. You need to stop for an hour at least. During this period you can let the pipes air dry after every er even more due to the loss of moisture from the surface. Then change the water and go about the next conditioning cycle. Never touch the layer till it dries up completely.
高いアンペアだけで、調節に取り組まないでください。(-)極のチューブのコーティングの接着が弱く剥がれやすくなります。低いアンペアから調節をはじめることが重要で、そうする事により、コーティングの適切な接着が得られ、層が厚くなります。層の付着強度はあらゆる調節サイクルの後に、さらに増加します。調節サイクル終了後、少なくとも1時間の間停止する必要があります。あなたがパイプを空気乾燥できるこの期間、表面から湿気を取り除いてください。次に、水を変えてください、そして、次の調節サイクルに取り組んでください。完全に乾燥するまで層には、決して触れないでください。
触れてはいけない部分は、インナーパイプの外側で白いコートの乗った部分です。触れてはいけない理由は、コートが簡単に剥がれてしまうため。

Ravi's procedure originally given to him by Dave Lawton: 
1. Do not use any resistance on the negative side when conditioning the pipes. 
2. Start at 0.5 Amps on freq gen and switch off after 25 minutes and stop for 30 minutes 
3. Go to 1.0 Amps for 20 min and stop for 30 min 
4. Go to 1.5 Amps for 15 min and stop for 20 min 
5. Go to 2.0 Amps for 10 min and stop for 20 min 
6. Go to 2.5 Amps for 5 min and stop for 15 min 
7. Go to 3.0 Amps for 120 to 150 seconds.
You will then need to check if WFC is getting hot, if it does you need to reduce the time. AFTER THE 7 STEPS ABOVE LET THE WFC STAND FOR AT LEAST AN HOUR BEFORE YOU START ALL OVER AGAIN. You would hardly see any gas generation at the beginning and it makes a lot of brown muck. It took Ravi and Dave about one month before the brown muck disappeared.
1.パイプのコンディショニングを整える時には、電源の(-)極に抵抗をつなげないでください。
2.0.5Aでパルス発生回路をスタートしてください、25分間作動させて、それから30分の間停止してください。
3.そして、1.0Aで20分間作動させて、それから、30分の間停止してください。
4.そして、1.5Aで15分間作動させて、それから、20分の間停止してください。
5.そして、2.0Aで10分間作動させて、20分の間停止してください。
6.5分の間2.5Aで作動させて、15分の間停止してください。
7.120から150秒の間3.0Aで作動させてください。
作動中に、セルチェックをして発熱しているようならば、作動時間を減らす必要があります。
上記7つのステップ終了後に、もう一度始める場合は、その前に最低1時間は、セルを休ませてください。
あなたは、このコンディショニング過程の初期段階では、ほとんどのガス発生も見ないでしょうが、多くの茶色の汚れ(の発生)を目撃するでしょう。茶色の汚れ(の発生)が消滅するのに、ラビ氏とデイブ氏は1ヶ月前かかりました。

3-1.jpg
Brown muck produced

Change the water after every cycle initially. DONOT touch the tubes with bare hands if the tube ends need to be cleaned of muck use a brush but do not touch!! Ravi's experience showed that leaving the brown muck in water for the next cycle goes on to heat up the water and you need to avoid this. Over a period of time you will see a reduction in generation of the brown stuff. When the muck is reduced you should see a gradual decrease in the Amp draw for the same amount of generation. An artist painting brush would be perfect to clean the tube ends during and after conditioning. When you are conditioning you don't need to connect the VIC -voltage intensifier circuit (Toroid + Inductors). Eventually the pipes will not produce any brown stuff at all. At this point you should now have a very good generation of gas. You will get a whitish powdery coat on the surfaces. Never touch the pipes with bare hands once this comes on.
最初は、あらゆるサイクルの終了のたびに、水を交換してください。その際、素手で電極チューブに触れないでください。チューブの端を掃除する必要があるなら、ブラシを使ってください。ただし、電極には触れないでください!!茶色の汚れが次のサイクルの間、水に残されているなら、水はそれで暖まります、そして、あなたはこれを避ける必要があります。作業の終了は、最終的に茶色の汚れを全く見なくなるでしょう。汚れの減少度合いと比例して、セルでの使用アンペアが減少するでしょう。調節の時、および調節の後に管端を掃除するために、塗装用ブラシを使用するのが良いです。慣らし中は、VIC- 電圧-電流変換器 (Toroid + Inductors)を接続する必要はない。最終的にパイプは、どんな茶色の汚れも全く作り出さなくなるでしょう。この時には、非常によい(多く)ガスの発生が見られるでしょう。チューブは、白っぽい粉末状のコートを表面に得ます。いったんコートが出来たら、素手でパイプに触れないでください。[Pulsed Water-splitters No.4(パルスを用いた水の分解)と記述内容は同じ]
3-3.jpg
A white insulation coating formed on the negative

DO THE CONDITIONING IN A WELL VENTILATED AREA OR PREFERRABLY CLOSE THE TOP AND VENT THE GAS OUT IN THE OPEN. AS THE WFC IS LEFT ON FOR QUITE SOMETIME EVEN SMALL AMOUNT OF GENERATION CAN GET ACCUMULATED IN A CONSTRICTED SPACE AND COULD BE A HAZARD. The above process is to be done after annealing the pipes. See to it that no oxide formation is left on the pipe and use a detergent to wash off the pipes and rinse them thoroughly with fresh water. Then assemble the setup including the leads and base. Finally flush the pipes with lots of fresh water do not touch the pipes with bare hands after this.
白い絶縁コーティングが、(-)極に形成されます。必ず風通しの良い場所で調節するか、または、セル(容器)の蓋を閉じてください、そしてガスを戸外へ放出してください。この過程の間、セルはかなりの時間動作しますので、ガス生産が非常に低い速度であっても、非常に危険な水素ガスが相当量蓄積されます。上記のプロセスは、パイプを焼きなました後にすることです。 形成された酸化膜がパイプ上に残されていないように、洗剤を使用してパイプから洗い落し、淡水でそれらを徹底的にすすいでください。そして、リードとベースを組み立ててください。 最後は、綺麗になったバイプにたくさんの淡水を入れてください、この時に素手でパイプに触れてはいけません。
焼きなましで不動態皮膜(酸化膜)を除去した後、洗剤で脱脂を行い、動作させコートを乗せる。ステンレスが錆びない(錆び難い)理由は、表層に不動態皮膜があるため。不動態皮膜を除去せずとも、サンドブラストなどで表面を荒らすことで、行けるような気がするがどうだろうか。ステンレス塗装の下地処理は、ほとんどがサンドブラスト指定。脱脂は、酸やアルカリ洗浄がベストのようですが、マジックリン(弱アルカリ)洗いでやってます。

Aaron's video explaining about the non conductive Layer
When the power is switched on you see bubble formation on the external surfaces of the outer tubes just like in the video. This happens all along during the conditioning process. Ravi states he remembers Dave saying that you know the tubes are conditioned when these bubbles stop forming on the external tube surfaces and you see a white powdery coat on the tubes. Ravi went on conditioning even after that and ended up with larger bubbles. 0Ravi states it is critical that people follow the conditioning procedure as you get very uneven coat formation on the surface if you use High Amps for long periods. When you go above 3 Amps there's a possibility of the coating flaking off. The bonding between layers would not be that strong. These layers form one over the other after every cycle of conditioning. The small time high Amp conditioning gives you an uneven coat and the long time low Amp conditioning evens out this more or less. The longer you use Low Amp conditioning the better the end outputs! Ravi has also used 0.2 amps for low amp conditioning. This is ideal how ever time consuming. If you do the procedure described above and still wish too build up a better coat afterwards then you can use the 0.2 amp conditioning process afterwards.
アーロン氏のビデオでは、非伝導の層について、パワーがONされたとき、まさしくビデオのようにアウタチューブの外側の表面で気泡が形成されることを説明しています。[動画はリンク切れ] これは、調節プロセスの間にずっと起こります。 ラビ氏は、「これらの気泡が、外部のチューブ表面に形成されるのを終えて、チューブ上に新たな白い粉末状のコートが形成されることが終了の条件」と、デイブ氏に言われたことを覚えていると述べます。ラビ氏は条件とし、その後の調整が進むと、より大きい気泡が発生すると続けます。もしも長い時間、高アンペアでの調整プロセスを行うならば、それは、表面に非常に不規則なコート形成を招く結果になるので、ラビ氏の調整プロセスに従うべきでしょう 。3アンペア超えで作業を行うとき、コーティングは、はげ落ちている可能性があります。チューブとコートの密着は、それほど強いくはありません。これらの層は、各サイクルの調節後に、1層づつ積層され形成されます。小さい時間の高アンペアでの調節は不ぞろいなコートになり、そして、長い時間の低アンペアでの調節は多少これをならします。あなたが、長い時間、低アンペアの調節をすればするほど、最終的なガスアウトプットは良くなります!ラビ氏は、低アンペア調節のために、0.2アンペアを使用しました。このように時間がかかるが理想的です。 もし上で説明された手順をして、その後、より良いコートを確立したいというなら、後に0.2アンペアでの拡張コンディショニングを行ってください。
3-3.jpg



[Stanley Allen Meyer Page 21]
A lot of people have been asking what the conditioning coat of Ravi looks like plus why they shouldn't touch and why it can't be dismantled and reassembled. Check: http://www.youtube.com/watch?v=leAtiaCygng WFC Circuits Alternator Stevie's Unit For some there may be more losses in the alternator than the solid state version. The original alternator schematic will be included. It is recommended you use the solid state version and get it working first. The alternator was only done by Dave to mimic the car's operation in Stan's technology.
多くの人々が、ラビ氏の調節コートが何に似てるか、そして、なぜ触れるべきでないのか、およびそれが、分解できず、組み立て直すことができないのかを尋ねています。WFCの回路(交流発電機仕様スティーブ氏のユニット)の交流発電機は、ソリッドステート仕様に比べてロスが多いです。(モーター駆動に2A) そうなった要因は、オリジナルの回路図に交流発電機が含まれていました。実際に製作するならば、ソリッドステートを使用し、それを動作させることを推奨します。 交流発電機仕様は、スタン氏が自動車用に考えた技術で、それをデイブ氏によって復元されただけです。[自動車なら、交流発電機を回す動力は、モーターではなくエンジン。それでも、ソリッドステート仕様の方が効率が良いと思います]
3-4.jpg
Alternator
3-5.jpg
Stevie’s Unit




[Stanley Allen Meyer Page 22-23]
3-6.jpg

Bifilar Inductors Test
One needs to experiment and search for superior circuitry as Stan Meyer did. Stan had a better circuit which he never disclosed - the UK TV documentary states that Stan would not even let them point a camera at his more advanced cell. The inductors were actually part of the VIC. Dave had used the exact specs (100 turns, wire dia, etc) of the inductors mentioned in Stan's US Pat 4936961. Then Ravi had later added the toroid and the diode as per the VIC which increased the efficiency compared to using only the inductors. Ravi had not used the variable inductor mentioned in the patent. His were wire wound like the ones mentioned in the old D14, pg7.
スタン・マイヤー氏が実験と解析をして作った、優れた電気回路が必要です。スタン氏は、決して明らかにしなかったより良い回路を持っていました-イギリスのテレビドキュメンタリーは、スタン氏がそれらと高度なセルにカメラを向けさせてもらえなかったと述べます。インダクタは実際、VIC(電圧-電流変換器)の一部でした。デイブ氏は、スタン氏のUS特許#4,936,961[http://www.nogw.com/download2/-9_meyer_water_electrolysis2.pdf]において言及されたインダクタの正確な仕様(100回巻き、ワイヤの線径22SWGなど)を使用しました。そして、ラビ氏は、後にインダクタだけを使用するのと比べて、効率を増大させたVICに従ってトロイドとダイオードを追加しました。ラビ氏は特許で言及されている可変インダクタを使用していませんでした。彼のものは、古いD14、pg7において言及したように、巻き上げられたワイヤです。
3-7.jpg



[Stanley Allen Meyer Page 24]
Ravi states "The inductor on both positive and negative is a must. I've made it on a Ferrite rod of 25 mm length 100 turns of Double Enameled Electrolytic Copper (99.99%) of 22 SWG (0.711mm dia)" which was what Dave suggested." You will notice an increase in gas generation when the bifilars are connected. Try with one in the beginning if it heats up increase the number of inductors.
「(+)極と(-)極のインダクタは、ともに必要なものです。私は22SWG(線径0.711mm)のエナメル線(銅99.99%)を、長さ25mm(250mm?)のフェラルロッドに2本のエナメル線を平行に100回転巻きつけたもの(バイファイラー巻き)を作りました(デイブ氏が勧めたことでした)。」と、ラビ氏は述べます。 バイファイラーコイルが接続されているとき、あなたは、ガス発生の増加に気付くでしょう。初めに1度テストしてください、もし加熱するようなら、インダクタの数を増やしてください。
3-8.jpg

3-9.jpg


[Stanley Allen Meyer Page 25]
Ravi used 9 individual bifilar wound inductors for 9 tubes with 22SWG magnet wires. The inductors and the toroid (Part of the VIC) do heat up after a while and the efficiency comes down this happens due to the temperature coefficient of resistance of copper. So the answer to this problem would be to use bigger inductors and toroids and thicker wires.
ラビ氏は9本のチューブに対し、9つのバイファイラーコイル(22SWG)を個々に接続しました。 しばらくして、インダクタとトロイド(VICの一部)が加熱して、効率が下がりました、これは銅の抵抗の温度係数のため起こります。 従って、この問題への答えは、より大きいインダクタ、トロイド、および、より太い線径ワイヤを使用することです。
3-10.jpg
Voltage intensifier circuit
3-11.jpg


[Stanley Allen Meyer Page 26]
The VIC specs give as per patent 4936961 in Stanley Allen Meyer Page 6 of the toroid size would probably be OK for a very small setup but may be not for the lengths and the numbers Ravi is using. Stan gave a basic idea of how it should be but we need to figure out the specs for our own build sizes. My WFC is not a done thing its still in an evolutionary stage and lot of combinations with the inductors are yet to be tried out. The VIC basically needs a toroidal core and a 600V 40A metal diode with a heat sink. The specs of wire sizes and turns are in Stans US pat 4936961. He has a variable inductor in the patent on the -ve side but what Ravi has is a regular inductor, two of them one on positive and one on negative. Ravi states he would not suggest using bifilars as inductors as they ended up shorting three of the tubes.
VICのスペックは、トロイドサイズのページ、スタンリー・アレンマイヤー氏の特許#4,936,961[http://www.nogw.com/download2/-9_meyer_water_electrolysis2.pdf](6ページ)に従って与えられます、使用には問題ないだろうけども、ラビ氏が使用しているセルのチューブ長と本数用のスペックではないでしょう 。スタン氏は、その部品が必要であるとの基本的な考え方を与えたけれども、私達は、個々のセルサイズのためのスペックを導き出せるようになる必要があります。私のWFCで、インダクタとのたくさんの組み合わせを試されることになっています。基本的にVICには、ヒートシンクを持つドーナツ形をしたコアおよび600V40A金属ダイオードを必要とします。ワイヤサイズと巻き数の仕様は、スタン氏の特許#4,936,961に書かれてます。彼は特許において、-ve側に可変インダクタを持っていますが、ラビ氏が持っているものは、不変のインダクタで、それらのうちの2つのうち、一つは(+)極、もう一つは(-)極のです 。ラビ氏は、結局、3本のチューブをショートさせたので、彼はインダクタとしてバイファイラーコイルを使うことを勧めません。
3-12.jpg


The 100 ohm 0.25W resistors were replaced with 100 ohm 0.5W as 0.25W kept burning out. The bifilar inductors are wound on ferrite cores using the recommended turns stated in the original D14 document. When using Ravi's version, you must use the diode to cut out the back EMF, Ravi states that this is very important! And is what gives you huge generation, this part is not mentioned by Dave or in D14. You end up getting all the juice from the system only if your tubes are conditioned enough. This video hows the higher output is all to do with the inductors mentioned in the D14 circuit and conditioning and slightly through the resistance wire to reduce the current draw. Even without the resistance you can get the same output but another 0.3 to 0.6 amps extra but I feel this could be offset by making a bigger inductor. Just go on conditioning and keep reducing the amp draw to the WFC gradually and the generation would kind of remain the same even at very low Amps. Once you condition the tubes your generation will dramatically increase and the current required will fall by leaps. It took Ravi almost 3 months approximately to reach these outputs.
100Ω0.25W抵抗器は、焼損し続けたので、100Ω0.5W抵抗器に取り替えられました。バイファイラーインダクタは、オリジナルのD14文書において述べられた推奨された巻き数でフェライトコアに巻かれます。ラビ氏のバージョンを使用するとき、あなたは、逆起電力(back Electromotive Force:EMF)を切るのにダイオードを使用しなければなりません、ラビ氏は、これが非常に重要だと述べてます!そして、これは莫大な発生を与えるものであり、この部分については、デイブ氏またはD14においては言及されていません。もしチューブが十分に調節されているならば、システムから大量のガスを得ることが最終的にできます。このビデオは、より高いアウトプットのすべての理由が、チューブの調節と、抵抗値を下げた導線とともに、D14回路におけるインダクタであることを示しています。抵抗なしで、同等のアウトプットを得られますが、追加で0.3Aから0.6A必要です、しかし、私は、より大きいインダクタを作ることによってこれを相殺できるだろうと感じています。セルを調節し続けて、WFCにおいて消費されるアンペアを(徐々に)減らし続けててください。そうすれば、発生は非常に低いアンペアで同じ量だけ行われるでしょう。セルを調節し続けていると、あるとき劇的に発生が増大するでしょう、そして、必要な電流も飛躍的に落ちるでしょう。これらのアウトプットに達するために、ラビ氏はおおよそ約3ヶ月かかりました。

Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.2

Panacea-BOCAF On-Line University
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして読んでください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication

[Stanley Allen Meyer Page 7]
This replicated version of the Meyer's technology can be done on-board motor vehicles with a small auxiliary device powered by the vehicle's electrical system, in effect allowing the use of water as fuel to act as a boost to the internal combustion engine and improve MPG significantly. The combustible gas mixture produced is generated as needed, and not stored aboard the vehicle, making it possible to burn ordinary water in any Internal Combustion Engine, Turbine, Furnace, or Torch, processing it into fuel on- demand, in real-time, without transportation or storage of compressed or liquid Hydrogen, caustic alkalis, catalytic salts, or metal hydrides. This process yields only water vapor as exhaust, which may be easily recovered by means of a radiator/heat exchanger, and re circulated in the engine system if desired.
これは、自動車の電気系統によって動かされている、車載用セルで、マイヤー氏のレプリカバージョンになります。燃料として水を使用して内燃機関を動かし、MPG(マイル/ガロン:1ガロンあたりの走行距離)もかなり走ります。生産された可燃性の水素混合ガスは、必要に応じて生成され、車には普段蓄えません。これは、結果的に普通の水を、どのような内燃機関、ガスタービン、溶鉱炉で燃やすことを可能にします、また、必要なときにすぐ生成できるので、水素ガスを圧縮したり、液化したり、金属に溶かして運んだりして保存する必要がありません。このプロセスは、排気として水蒸気だけを産出します。それは、ラジエター/熱交換器(冷却)を必要とせず、排気の水蒸気を回収してさらにエンジンを動かす事ができるでしょう。
排気の水蒸気を上手く回収できれば、更に燃費が向上する。

This is available for any one to replicate now on our on line university. The organization has hundreds of registered engineers who are seeking grants; a host of other water fuel cell engineers have begun to join a distributed research initiative to deliver practical, public domain technologies to the world in an Open Source environment.
これは、現在のオンライン大学の資料で複製可能です。組織には、交付金を求めている何百人もの登録された技術者がいます; 多数の他の水燃料電池エンジニアは、オープンソース環境での実用的な、パブリックドメインの技術を提供する分散型の研究の取り組みに参加し始めている。

All are prepared to collaborate in a resource grant based environment, as can be by done in the non profit organizations proposed granted research and development center, where a whole host of other technologies can be produced, all of which are profiled on the web site. Meyer's original performance levels were reported to be has high as 1700% efficiency from creating molecular resonant frequencies in water. Currently this water fuel cell technology needs further investigation to reach that level, and has allot of potential. Recently tests on the replication of the Meyer's WTF cell also showed effects of cold current electricity. What is cold current electricity; it was used by EVGRAY in his patented radiant energy motors, where he was able to light up light bulb underwater using cold current electricity.
すべてのリソースに対し付与ベースで協力する用意があるので、すべてのWebサイト上で紹介した研究開発センターが協力しテクノロジーを開発することができます。マイヤー氏のオリジナルの性能は、効率1700%であり、水の分子共鳴周波数を作成したことが高い理由だと報告されました。現在、この水燃料電池テクノロジーは、物理の原理原則を超えたレベルに到達し、さらに詳細な調査を必要とします。また最近、マイヤー氏のWTFセルの複製品のテストは、「Cold Electricity」の効果を示しました。 「Cold Electricity」と呼ばれるものとは何か; Edwin V. Gray(EV Gray)は、高電圧コンデンサーの放出が、莫大な静電気の炸裂をリリースするのに使えること発見しました。 このエネルギースパイクは、グレイ氏の電気回路と、氏が「conversion element switching tube」と呼ぶ特別な機器(特許取得済み)により生産されました。 この「conversion tube」を出たエネルギー(Cold Electricity)は、彼のデモンストレーションで電気器具およびモーターを全て動かし、そしてバッテリーを再充電して見せました。水面下で「Cold Electricity」を使用すれば、電球を点灯することができるでしょう。
[The Free Energy Secrets of Cold Electricity http://www.teslatech.info/ttstore/books/330002.htm]
Replication No2-2
Dave Lawton's cold current electricity demo, all photos courtesy of Dave (Thanks Dave!)


[Stanley Allen Meyer Page 8]
EVGRAY, like Meyers was also killed. We at panacea feel that the granted research and development center is needed to create social reform, as the public will know why its there and what subject matter goes on there, the main stream faculties can also benefit from the organizations findings and research and development., but we need grants to survive. In the Mean time, any experimenters can replicate the open sourced findings of this and other technologies which are made available on the panacea online university.
[理念と大学の話、要約は、「寄付してください」 ですので省略]
Replication No2-3



[Stanley Allen Meyer Page 9-12]
Replication
To achieve Ravi's efficiency, a strict selection and preparation of stainless steel tubing is important.The following parameters need to be considered.
(1) Choice of the grade of stainless steel
(2) Tube gap and Thickness / SWG / AWG of tubes
(3) Pre preparation and conditioning [This sanding is typically done by hand or on a belt sander using 60 or 80 grit sandpaper.]
ラビ氏のセルを複製するにはステンレス鋼管の厳密な選択、および調整をすることが重要です。次のパラメータを考慮する必要があります。
(1)ステンレス鋼のグレードの選択 
(2)管のギャップと肉厚/SWG(British Standard Wire Gauge)/AWG(American Wire Gauge)断面積あたりの抵抗値
(3)前準備および調節、[一般に、60番または80番のサンドペーパーを使って手またはベルト研磨機によりされます。]

セル製作には、SUS316Lのシームレスパイプ、アウター径20mm・長さ150mm、インナー径15mm・161mm、共に肉厚1.5mmを使用しました。入手したSUS316Lは、住友金属製。

Choice of the grade of stainless steel
Stan said he used T304 in line 52 of patent # 4936961. Ravi's choice was to use 316L seamless pipes. Use ONLY SEAMLESS PIPES and not seam welded. These tubes were annealed for 3 hours in inert atmosphere of Argon to remove all residual magnetism and cold work stresses before they were assembled. Even Nitrogen can be used as the inert atmosphere. The tubes are annealed to get rid of the crystal lattice imperfections induced due to cold work and any traces of residual magnetism. They have to be in bright finish only you don't want oxides of nickel chromium or iron on the surface (more details in preparation below).
スタン氏の特許#4,936,961[http://www.nogw.com/download2/-9_meyer_water_electrolysis2.pdf]6ページのライン52にT304を使用したと書いてあります。 ラビ氏の選択は、316Lシームレス・パイプを使用することでした。ステンレス板を丸めて継ぎ目を溶接したパイプではなく、シームレス・パイプを使用してください。SUS316Lシームレス・パイプは、すべての残留磁気を取り除かれ、冷間引抜加工後、アルゴン不活性雰囲気の中で3時間焼きなまされたものです。不活性雰囲気として、窒素も使用することができます。チューブは、冷間加工することによって引き起こされる結晶格子欠陥と残留磁気を取り除くために焼きなまされます。ニッケル、クロムまたは、鉄の酸化物を表面から取り除き、輝いた仕上げにする必要があります。(下での準備で詳細)

You can use most of the 300 series Nickel-Chromium Steels but 316L would be the most preferable and next would be 304L. Never go for 310 as this has the highest resistivity among the 300 series. Avoid Inconel grade (High Nickel Alloys) pipes as well due to their high coefficient of resistance. Just between 316 and 316L there's a lot of difference in resistivity of the material due to carbon presence. Seam welds have magnetized seam lines along the length of the tubes. You must have them annealed after machining/cutting/sanding before being assembled. If considering 316L stainless, the slight increase in Molybdenum, Nickel and Chromium would increase the Electric Specific Resistance of the material ever so slightly, but the thicknesses can offset this problem. One needs to find out if there is any Aluminium content in the grade. If the aluminum content is less than 0.5 Wt% or nil, you could use this if it is easily available in seamless form and your required size.
あなたは、ステンレス300番台(クロム・ニッケル系)のほとんどを使用できますが、316Lが最も望ましいでしょう、そして、次の候補は、304Lでしょう。ステンレス310は、300シリーズの中で最も高い抵抗率を持っているので、決して使用しないでください。それらの抵抗の高い係数のためまた、インコネルグレードパイプを避けてください。(高いNickel含有量)[インコネル:スペシャルメタル社の商品名、ニッケル76%にクロム16%,鉄8%を加えた合金。耐熱・耐食性にすぐれ,900℃以上でも酸化されない。ケイ素を加えて鋳造用としたもの,チタンまたはモリブデンを加えて機械的性質を向上させたものもある。]316と316Lの間にも、炭素含有量の違いにより抵抗率の違いがあります。継ぎ目の溶接によって、管の長さ方向に沿って溶接ラインは磁化します。機械加工/切断/サンディングの後、組み立てる前に、もう一度、それらを焼きなます必要があります。もし316Lステンレスで考えるならば、モリブデン、ニッケル、およびクロムのわずかな増加は、素材の電気抵抗をわずかに増大させるが、厚さを増すことでこの問題を相殺できます。もしグレードにいくらかのアルミニウムの入っているものがあるならば、調査する必要があります。もしアルミニウム含有量が0.5wt%(重量百分率)未満またはゼロで、シームレスタイプの必要なサイズが容易に入手可能ならば、これを使うことができます。
焼きなましの目的は、溶接または加工時に磁化した部分を元に戻すためだろうか。JOEセルの製作時にも、電動工具の使用を禁止するような記述があったと思います。禁止の理由は磁化の予防。

The reason why you need to check for Aluminum content is that it is used as a deoxidizer during the melting and alloying process. So there is a possibility of it remaining in trace amounts based on the amount of O2 available in the bath for it to turn to Alumina and float up in the slag. Aluminum is the main component in Fe-Cr-Al alloys which increases the electrical specific resistance. Incase these manufacturers use Cerium mischmetal or some other Rare Earths for deoxidizing, we don't even need to consider Al. The 316L seamless tubes Ravi used were sourced from a retailer of Sandvik, Sweden'.
[日本では、316Lステンレスの入手が容易ですので、アルミニウム含有のステンレスの説明は省略。316Lのシームレスパイプの選択でよいでしょう。http://www.silicolloy.co.jp/sus316L.html ] ラビ氏が使った316Lシームレスな管は、Sandvik(スウェーデン)の小売店から購入したものでした。

Using 304
Stan claimed he was using T-304 SS. As there is no caustic electrolyte as such, is right to say that 304 grade s/s can be used. However, expect there to be a good deal of brown gunk generated during the conditioning process, with the additional part coming from the 304 material. There are some higher percentages of Ni and Cr in 316 and 2% of Molybdenum. Some of the manufacturers use Cerium Mischmetal (Rare earths) during the melting and pouring operations and this is done in the more expensive alloys like 316 to increase the hot life and the surface layer strength and in case of seamless tubes a little extra silicon is added for free flow in hot condition (Hot Extrusion of seamless tubes).
スタン氏は、T-304 SSを使用していたと主張しました。苛性の電解質が全くないので、304のグレードs/sが使われうると言う判断は正しいです。 しかしながら、コンディショニング過程の間に、304素材から多くの茶色のぬるぬるしたものが発生することを想定しておいてください。316には、NiとCrが高い割合で含まれており、モリブデンは2%です。製造メーカーのうちのいくつかが、316のようにより高価な合金において、セリウムミッシュメタル [複数の希土類元素でセリウムは鉄鋼添加剤:フェロセリウムとしてステンレス鋼などの硫黄や酸素原子による還元作用を、酸化作用で抑制する] を溶融操作で注ぎ、そして、表面層の強さが必要な場合と、シームレスチューブの場合は、少し余分にシリコンを添加し加工しやすくします。(シームレスな管の熱い押し出し)
「茶色のぬるぬるしたもの」は、ブランマックでしょう。

All these put together add up to different metallurgical properties of the material in our case. When in hot condition the Rare Earths, Silicon, Molybdenum tends to migrate owards the surfaces of the metal and this helps in the formation of a strong protective surface layer (The reason why I said annealing was important). SS 316L is the only SS that can be used in human Medical Implants other than titanium, that's how stable 316L grade is.
In summary -The best grade of SS to use is 316L. Next preference is 316,304L and 304. L stands for Low Carbon in the SS alloy.
これらすべてをまとめ私達の場合には、素材に異なる金属的性質を追加します。 高温の条件下では特に希土類、シリコン、モリブデンは、金属表層に移動する傾向があり、これは、強い保護する表面層の形成において役立ちます。(私が、焼きなましが重要だと言った理由)SS 316Lは、チタンを除いて医療インプラントで使われうる唯一のSSであり、そこから、どれほど316Lグレードが安定しているかわかります。要約すると、SSの中で最高グレードは316Lです。次に良いのが、316、304Lと304です。 「L」は、SS合金の低炭素(Low Carbon)を表します

316L composition(組成) : %
Carbon(炭素) : 0.03
Manganese(マンガン) : 2.0
Phosphorous(リン) : <0.45
Sulphur(硫黄) : 0.03 max
Silicon(シリコン) : 1.0
Chromium(クロム) : 16 to 18
Nickel(ニッケル) : 12 to 14
Molybdenum(モリブデン) : 2.0 to 3.0
Plain 316 SS nickel range is 10 to 14% and carbon being 0.08% 304 SS has lesser % of Nickel and Chromium and doesn't have Molybdenum at all.
通常の316 は、ニッケル範囲10~14%、炭素0.08%。304 SSは、ニッケル、クロムが316より低い%で、モリブデンが含まれてません。

Tube gap and Thickness / SWG / AWG of tubes
Ravi's tubes sizes used were:
Outer Pipe OD(外側パイプ外径) : 25.317mm
Thickness(肉厚) : 14 SWG or 2.032mm
Outer Pipe ID(外側パイプ内径) : 25.317mm - (2.032mm x2) = 21.253mm
[パイプの肉厚をSWGで表現してます]
2-3.jpg


Inner Pipe OD(内側パイプ外径) : 19.930 mm
Thickness(肉厚) : 14 SWG or 2.032 mm
Gap is 1.323mm ( 21.253mm - 19.930mm )
2-4.jpg


This was adjusted to both the sides as the inside pipe is centered is 1.323/2 = 0.6615 mm on either sides of the inner tube. So effectively the gap between the pipes is less than .670 mm. Ravi went for a lesser gap by increasing the thickness of the outer tube. Ravi had some difficulty in the alignment of pipes as they were shorting. He had to get them straightened on a pipe alignment machine. Ravi does not suggest that people without engineering skills go for this small a gap, but is convinced that the higher output of my setup could be due to this smallgap. SWG stands for Standard Wire Guage Suggestions are, you really don't want an outer tube smaller than one inch, so that pushes us to the 2 mm wall thickness. The inner diameter of a 25.4 mm tube 2 mm thick (14 SWG) is 21.4 mm, so for a 1 mm gap, the inner tube needs to be 19 mm. The outer diameter of a 3/4 inch tube is 19.05mm, which would give a gap of 1.175 mm. For a 1.5 mm gap, you would need an inner tube diameter of 17 mm.
外側パイプと内側パイプのギャップは、1.323mm( 21.253mm-19.930mm)/2=0.6615mmです。実際に、パイプのギャップは0.670mm未満です。ラビ氏は、外側パイプの肉厚を増すことで、より小さいギャップに設定しました。ギャップが狭いと接触してショートしやすいので、ラビ氏は、パイプの整列に苦労しました。彼は、パイプ整列マシンの上で、それらを真っすぐにしなければなりませんでした。ラビ氏は、工学的スキルのない人々がこれほど小さいギャップに設定するのを推奨しませんが、高いアウトプットがこのsmallgap(0.67mm)に起因していることを確信しています。SWG標準ワイヤゲージの提案の場合は、アウタチューブは、1インチより小さくあって欲しくはありません、したがって、外径1 インチ(25.4mm)で、肉厚2mmを私たちを推奨します。厚さ2mmの25.4mmのチューブ(14SWG)の内径は21.4mmなので、1mmのギャップを設けるためには、インナーチューブ外径は、大体 19mmである必要があります。 3/4インチのチューブの外径は19.05mmです。その場合、1.175mmのギャップになります。1.5mmのギャップのためには、外径17mmのインナーチューブが必要です。


If you were to use the 1-inch 16 SWG (1.626mm), then it is difficult to determine the exact wall thickness, so you should check with the supplier. In that case, a 20 mm inner tube would give 1.1 mm (or 1.112 mm) and if the inner tube has a diameter of 3/4 inch or 19.05 mm, it would give a gap of 1.575 mm (or 1.587 mm). Ravi suggests, Order for an outer pipe of 1 inch (25.4mm) OD and a thickness of 16SWG (1.6mm) and an inner tube of 20mm OD. This size should be available commercially anywhere. With this you can get a gap of 1.1mm.If youwant lesser gap than that just increase the thickness to 14SWG (2.0mm), this should give you a gap of 0.7mm but is very difficult to align as the spacing is close. Calculation: (Both setups have same tube diameters) Dave's WFC: 6 tube of 5 inch length. Considering the gas generating heights of 6 tubes x 5 inches = 30 inches in length/height. Ravi's WFC: 9 tubes of 9 inch length. That's an increased reactive surface area of over 150% than Dave's. Dave's and Stan's systems had a spacing of 1/16" (1.5875mm). Ravi's pipes have a gap of less than 0.670mm (could be the main reason for the higher efficiency in his unit).
もし外径1インチ(25.317mm)、肉厚16 SWG (1.626mm)を使用するつもりであったなら、正確な肉厚を決定することが難しい。従って、製造業者とチェックするべきです。 もしこのケースにおいて、20mmのインナーチューブなら、ギャップは1.1mm(または、1.112mm)を与えて、チューブが直径3/4インチ、または、19.05mmなら、その場合のギャップは1.575mmまたは、1.587mm。ラビ氏は提案します、外径1インチ(25.4mm)、肉厚16SWG (1.6mm)のパイプ、および外径20mmのチューブの注文を。このサイズは、どこでも市販で入手できるようにすべきです。 これによって、1.1mmのギャップを得ることができます。 それより少ないギャップが欲しいなら14SWG(2.0mm)に肉厚を増加してください、これはあなたに0.7mmのギャップを与えますが、非常に間隔が近いので整列しづらいです。計算: (両方のセットアップは、同じ管直径を持っています)デイブ氏のWFC: 5インチ長さの6管。 長さ/高さの6管x 5インチ= 30インチのガス発生高さを考慮します。 ラビ氏のWFC: 9インチ長さの9つの管。 それは、デイブのものより、150%以上の増加する反応表面面積です。デイブ氏とスタン氏のシステムは1/16インチ(1.5875mm)のギャップを持っていました。ラビ氏のパイプは0.670mm未満のギャップを持っています。(彼のユニットのより高い効率の主要な理由であるかもしれません)
反応表面面積は、電極面積と言葉を変更した方が良さそう。
2-5.jpg
2-6.jpg
Dave Lawtons Cell

What also must be taken into account is that Ravi is using 9 tube sets of 9" length and the inner being 1/2" more than the outer for connections. Dave used 6 tubes of length for his 300% OU.
デイブ・ロートン氏のセルとの違いも考慮されなければなりません、それはラビ氏が9インチ長のチューブを9本使った点と、アウターとインナーのギャップが1/2インチ以上ある点です。デイブ氏は、6本のチューブで効率300%でした。
ラビ氏のセルは、長さ228.6mmらしい。径はアウター25.4mm、インナー20mm。

[Stanley Allen Meyer Page 13-14]
Stan's were 9 tubes of 18 inch length on his demonstration electrolyzer and in one of the videos available. In Stan's version there are claims that he's making 1700% OU over Faradays Law. When compared to this efficiency Ravi states he has some more work to do. However any OU is good OU :). Tube holders You Tube tutorial Jamie's Replication - Making of the tube holders
スタン氏のものは、彼のデモンストレーション電解槽、および入手可能なビデオでは、長さ18インチの9本のチューブでした。 スタン氏のバージョンには、ファラデー理論を超えて1700%の効率があるという記述があります。この効率と比べると、ラビ氏のものは、しなければならないいくらかの作業がまだあると述べます。 しかしながら、この効率でも十分です:)[ラビ氏のセルは確か650%]


2-7.jpg

Preparation of the Tubes: IT IS ADVISED THAT POLISHED TUBES ARE NOT TO BE USED IN MAKING THE WFC. If one is to use them make sure they are not Nickel plated or Hard Chrome plated pipes. If they are Plain SS 304L or 316L but polished you must use a sand paper on them before hand. The brightness of your tubes reflection is based on how small a grit of sand paper you use. The tubes have been fixed to a lathe and sanded with very fine grit paper to remove any oxidation on the surface after annealing of the pipes. The inner tubes need to be sanded to remove all discoloration (oxides). Use as small a grit to get fine scratches and when you condition at low amps the bonding between the white coat (explanation later) and the metal is good. Do not try high amp conditioning at the start as you want a thin fine layer on the fresh metal.
チューブの準備: WFCを作る際には、磨かれている(鏡面仕上げ)チューブを使用してはいけないとアドバイスします。 それらがニッケルメッキかクロームメッキパイプでないことを、必ず確認してください。もし、それらがPlain(メッキ無し)のステンレス304Lか316Lでも、磨かれている(鏡面仕上げ)チューブならば、あなたは、紙やすりを使用して表面を荒らす必要があります。どれ位小さい粒の紙やすりを使用するかは、パイプの明るさ(光の反射)によって判断します。パイプは焼なましの後に生じた酸化皮膜を取り除くために、チューブは旋盤に固定され、非常に細かい紙やすりで研磨されます。チューブの内側もまた、変色(酸化物)を取り除くために、紙やすりで研磨される必要があります。細かい紙やすりを使えば使うほど小さいキズが得られ、コンディショニングの際に発生する白いコート(後で説明)が低アンペアで得られます。(このコートは良い)コンディショニングの際、薄い層(白いコート)が欲しいときは、皮むきした金属に対し、最初から高いアンペアで試みないでください。
ここの記述を読む限り、焼きなましの目的は酸化皮膜の除去ではないようです。酸化皮膜の除去では、別途紙やすりで研磨している。高いアンペアのコンディショニング(オルタネータ・コンディショニングなので、高周波コンディショニングになるのだろうか)で、失敗するかは現在確認中。(2010/10)

If you order large pipes and cut them, you need to get the tubes annealed once they are cut and finished to lengths before being assembled. It's done in a separate inert atmosphere furnace of Nitrogen or Argon. You have people who do heat treatment or metals they'll give you the procedure if you tell them the grade you are using. Tell them that you need a bright anneal in nitrogen or argon atmosphere. Annealing is done after every cold work operation and at the finishing stage to reset the lattice structure. As we are cutting the pipes and slightly finishing the surfaces with sand paper to remove any imbedded impurities during tube drawing, it's all cold working. So you need to relieve these induced stresses in the lattice through annealing. Ravi advises - Use an abrasive cutter or a saw and then anneal them as you induce a lot of stresses in the lattice during cutting due to the hot and cold areas. If you use laser then you could cut the annealed tubes as you are not inducing any mechanical stresses during the cutting but you could check along the length with a compass and see if there's any difference. Take a compass close to the tubes and you can usuallysee it deflecting before annealing but once the annealing is done the deflection is a fraction of what you have seen before on the same tubes or none at all, this is what youwant.
もし長いパイプを注文してそれを切るなら、切断後、組み立てられる前に、チューブを焼きなます必要があります。焼きなましは、窒素またはアルゴンの不活性雰囲気炉で行います。熱処理をする人々に焼きなましを依頼する際、処理時間や手順の指示、目的を聞かれると思いますが、「結晶格子欠陥と残留磁気を取り除くのが目的」と伝えてください。そして、窒素またはアルゴン雰囲気において、「光輝焼なまし」が必要であると伝えてください。[光輝焼なまし:鉄鋼の表面の酸化、脱炭を防ぎ、金属光沢を失わぬように中性ガスまたは真空中で行なう焼きなましを、光輝焼きなましという。主として薄板または仕上がり製品などの焼きなましに応用される。] 格子構造をリセットするために、あらゆる冷間加工後と仕上げの段階で焼きなましを行います。 私たちがパイプを切るとき、引き抜き中に埋め込まれた不純物を取り除くために紙ヤスリで表面をわずかに仕上げるとき、それらはすべて冷間加工に含まれます。従って、焼きなますことによって、ステンレス鋼の残留応力除去を行う必要があります。ラビ氏は助言します-のこぎりや研磨カッターで切断する際、余分な熱や圧力がかからないように作業して下さい。たくさんの圧力や熱をかけてしまった場合は、残留応力除去のため、再度焼きなましてください。もし焼きなまされたチューブの切断にレーザーを使用するなら、機械的なストレスは発生しませんが、回転させたときの長さが正確か(切断面が斜めになっていなか)を確認する必要があります。
この作業が本当に必要かは不明。私は採用していません。ステンレス316Lは、オーステナイト系ステンレスに属し、冷間加工で硬化し、熱処理では硬化しないで軟化する特徴がある。加工硬化や磁化、不動体皮膜を取り除くための焼きなましなら理解できますが、残留応力については疑問。不動体皮膜(酸化皮膜)除去は、コートの密着に関係あるので理解出来るが、その上の記述では不動体皮膜除去が目的ではないような記述がある。18Cr-12Ni-2Mo-低C
2-8.jpg


[Stanley Allen Meyer Page 15-17]
fraction of what you have seen before on the same tubes or none at all, this is what youwant.
Assembly options- It appears that Dave Lawton used insulated copper wire to connect to his tubes. Ravi used spot welded stainless steel wire on his tubes. Originally Ravi had his wires too long which had a negative impact on his efficiency. He then had to shorten them.
組立時のオプション-デイブ・ロートン氏は、チューブと接続するために、絶縁された銅線を用いました。 ラビ氏は、チューブにスポット溶接されたステンレス鋼ワイヤを使いました。元々、ラビ氏は、ワイヤを長くし過ぎました。(効率面でマイナスの影響がありました)そして、彼はそれらを短くしなければなりませんでした。
抵抗値の差が明白です。実際に抵抗値を測定した所、ステンレス板や針金に比べワイヤーが最も抵抗値が高い。ステンレスワイヤーは極力使用せず、無垢材であるステンレスの針金を使用した方が良いと思います。最近は扱いやすさで、ステン針金0.9mmを使ってます。以前は1.2mmでした。
2-9.jpg


Video -New copper leads being connected by shortening the length of previous leads As per Stan's Patent each inside tube is connected to an individual variable resistance. He has 18 leads ( 9 +ve and 9 -ve). Ravi has since advised that copper leads covered with high temperature automotive silicone sealant are better than SS leads. The RTV silicone is to be applied only at the exposed copper connecting the pipes and no where else. Or alternatively, you can construct the cell as seen from Panacea's endorsed version.the hydrogen shop"http://www.thehydrogenshop.com/ "
ビデオ-新しい銅線は、それぞれのチューブを個体変数抵抗として接続しているスタン氏の特許に従って、リードの長さを短縮され接続されました。18本の銅線があります。( 9本の+veと9本の-ve) ラビ氏は、銅線を高温用の自動車シリコンシーラントでカバーしたものの方が、ステンレス線より優れているアドバイスします。RTVシリコーンは、パイプと接続する露出された銅部分だけに適用される必要があり、他に適用してはしけません。また、あなたはPanaceaに承認されたバージョンのセルを組み立てることができます。


Another construction option is illustrated in the following isolated wire plexi glass design.
別の構築オプションは、以下の分離された銅線とプレキシガラス(アクリルガラス)デザインにおいて説明されます。
2-12.jpg


If using the sealed copper wire option, the ends of the copper wire needs to be sealed with high temperature heat resistant silicone sealant and should not contact water, as this generates a lot of greenish brown muck. Therefore put silicone sealant or automotive gasket silicon sealant all over it so that the water doesn't touch any of these parts. Then use the sealant over the exposed copper wire. For stainless steel lead in wire, the thinner SS wire you use the higher the electric resistance. If you use SS go for the thickest possible leads you could weld. It is advised toreduce the outside length of the wires as much as possible to reduce resistance. Go for at least 3.0mm or higher to reduce the electrical resistance. Panacea choose to spot wield stainless steel wire onto our tubes. Our wires were 4mm thick. DO NOT USE 316L AS LEAD WIRE THEY HAVE TOO HIGH A SPECIFIC RESISTANCE TO BE USED AS LEADS approximately 46.8 times that of copper. Incase you want to introduce a resistance on the negative lead (to 60n in Stan's Patents) you could always used a wire wound variable resistance. This seems to have been the problem of leads heating up.
密封された銅線オプションを使用するなら、銅線の両端は、高温の耐熱シリコンシーラントで封をされる必要があり、水に接触せてはいけません、接触させると緑青(ろくしょう)を発生させる。したがって、水がこれらの部品のいずれにも触れないように、シリコンシーラントか自動車のガスケットシリコンシーラントを塗ってください。そして、露出している銅線の上にシーラントを使用してください。ワイヤのステンレスリードに使用するSSワイヤが、薄ければ薄いほど、電気抵抗は高くなります。もしSSを使うならば、溶接できる可能な限り厚い導線を使用してください。そして、電気抵抗を減らすために、ワイヤの長さをなるべく減らすようにアドバイスされます。電気抵抗を減らすために、最低3.0mm以上にしてください。Panaceaは、スポット溶接でチューブにステンレス鋼線材を固定する方法を選びます。私たちのワイヤは、厚さ4mmです。316Lのステンレス鋼線材は、電気抵抗値が銅線の約46.8倍と高いので使用しないで下さい。常に使用される(-)極のリード線に抵抗(スタン氏の特許の60n)を導入すれば使用できます。これは、熱くなっている導線に問題があったようです。

Specific Resistances:
Copper(銅) : 1.63 MICROHM-cm(1.63μΩ/cm)
316(ステン316) : 75 MICROHM-cm(75μΩ/cm)
Ravi chooses to use plastic tubing around his wires only to avoid shorting of the positive & negative leads.
ラビ氏は、ワイヤの周りでプラスチック・チューブを使用しますが、(+)と(-)リードのショートを避けるためです。
2-13.jpg
Ravi's cell showing the plastic insulated SS wire

The SS wires act as resistors. The specific resistance of 316L is around 75 Micro-Ohm-cm and that of copper is 1.72 Micro-Ohm-cm. The leads heat up when higher amps are drawn by the freq gen. I've replaced the leads up to the bottom of the WFC with 4 Sq.mm double insulated copper wire and the heat generation did come down. When choosing clamps for your water fuel cell. Always choose Stainless steel Clamps,never choose galvanized clamps, If the clamps rust then the nickel % is extremely less for it to be used. Galvanized are basically Mild Steel screws / clamps which are zinc plated. The plating would come off in no time and you will have brown muck all over. They have to be SS or the brown muck would never stop. Extra clamps for support are ok but have to be SS. 300 series (302,304,306, 308, 310, 316) only and not 200 or 400 series. For spacing between the tubes any nonconductive flexible material will do even the speaker wire plastic covering will work with this. Video 1: This video shows the innards of the WFC without water
SSワイヤは抵抗器として作動します。316Lの具体的な抵抗は、約75μΩ/cmであり、銅は1.72μΩ/cmです。高いアンペアでパルス波形を描いたときに、導線が加熱するようです。私は導線を、4スケア(平方ミリ)の二重被覆銅線に(WFCの下部まで)取り替えました、そして、熱発生は減りました。水燃料セルのための、クランプ選択。ステンレス鋼クランプを選んでください、亜鉛メッキされた留め金は選択しないでください。次に、ニッケル含有率は非常に少ないもの(抵抗値の低いもの)を選んでください。(304か316製:○、310製:×)亜鉛メッキされている部分は、スチールねじ/留め金です。メッキはすぐに剥がれるでしょう、そして、あなたは茶色の汚れをいたる所にに見るでしょう。それらがステンレス鋼でない場合は、茶色の汚れが決して止まりません。サポートのために追加する留め金には、抵抗値の問題はありませんが、ステンレス鋼でなければなりません。ステンレス300番代 (302、304、306、308、310、316)のみ使用可で、200番代と400番代は使用不可。チューブの間のスペースに関しては、非導電性の柔軟な素材を使用し、スピーカケーブルを巻くプラスチックが意外と使えるでしょう。ビデオ1: このビデオは水なしでWFCの内容を見せています。


Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.1

Panacea-BOCAF On-Line University
下記の文章は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』の解説をしているサイトhttp://h2o0il.com/の翻訳です。
見出しのページ番号は、『Ravi Cell(英語45ページPDF)』と対応してます。
詳しく読みたい方は、PDFをダウンロードして解読してください。


Research Paper on Ravi’s Water Fuel cell Replication

[Stanley Allen Meyer Page 1]
"Breakthrough In HHO Production" I'm not here to argue whether things work as per the preset laws of physics or thermodynamics but you need to keep an open mind to evolve and see if something actually works. I'm an engineer and been taught that things don't work if you break the laws. Well I know my laws thank you. I've been making cells for the last 8 years but now I've got something that works. If people want to replicate it they can I'm giving out info on how to do it if they don't want to fine by me! I'm getting nothing nor losing any thing by this. Stan wanted to sell his units! well I'm not! This is for the people who are already trying it out and who want to do something about the environmental mess the orld is in, its accelerating by the year and it wouldn't be long before that the powers be would realize that most of these changes are irreversible. Vanishing Glaciers, melting polar caps, Europe has seen the hottest summers in living memory and now Asia is going through the worst floods in the living memory. We are heading for a disaster and have already reached a point of no return with the fossil fuel addiction. Its time we make ourselves count by Creating this togeter now! The Internet is really accelerating this success beyond anyones ability to stop it.
「HHO生産におけるブレークスルー」、私がここにいるかどうかは別とし、物理学や熱力学の原理原則を主張する方もいるが、実際に何かが動作しているということを、心を開いて進化した目で参照してください。私はエンジニアであり、もし原理原則を破るならば、物理現象は起こらないと教えられて来ました。私は、原理原則を知っています。私は、8年間セルを作り続けてきて、現在は実際に動作させてます。もし人々がそれを複製したいならば、それらを動作させることができます。私は、どのようにするかの情報を発表しています!私は、これで何も得ておらず、どのような物も失っていません。スタン氏は、彼のユニットを販売したがっていました!私は、そうではありません!これは既に十分にテストされていて、世界の環境混乱に関して何かをしたがっている人々のためのものです。それは、ここ1年で加速しています。そして、強国(先進国)による環境対策への大部分が、逆に不可能であると認識するまでそう時間はかからない。氷河の消失や極冠融解、ヨーロッパでは最も暑い夏を経験し、アジアの生活は、最悪の洪水に直面している。我々は、災害へ向かっていて、すでに化石燃料依存症に伴う引返しの限界ポイントに到達している。われわれ自身のために、これを一緒に作成するときが来た!インターネットは、この成功を加速して広めることができ、それを止めることができはずです。

316L Stainless Cavitation Info
Surface modification of AISI 316 stainless steel using various forms of NiTi for enhancing cavitation erosion resistance. In this study, NiTi powder was preplaced on the AISI 316L substrate and melted with a high-power CW Nd:YAG laser. With appropriate laser processing parameters, an alloyed layer of a few hundred micrometers thick was formed and fusion bonded to the substrate without the formation of a brittle interface. EDS analysis showed that the layer contained Fe as the major constituent element while the XRD patterns of the surface showed an austenitic structure, similar to that of 316 stainless steel. The cavitation erosion resistance of the modified layer (316-NiTi-Laser) could reach about 29 times that of AISI 316L stainless steel. The improvement could be attributed to a much higher surface hardness and elasticity as revealed by instrumented nanoindentation tests. Among various types of samples, the cavitation erosion resistance was ranked in descending order as: NiTi plate > 316-NiTi-Laser> 316-NiTi-TIG >AISI 316L, where 316-NiTi-TIG stands for samples surfaced with the tungsten inert gas (TIG) process using NiTi wire. Though the laser-surfaced samples and the TIG-surfaced samples had similar indentation properties, the former exhibited a higher erosion resistance mainly because of a more homogeneous alloyed layer with much less defects. In both the laser-surfaced and TIG-surfaced samples, the superelastic behavior typical of austenitic NiTi was only partially retained and the superior cavitation erosion resistance was thus still not fully attained.
キャビテーションによるエロージョン(壊食)を防止するために、Ni-Tiなど様々なフォームを使用して、AISI316ステンレス(AISI:米国鉄鋼協会規格)の表面処理をしてください。この研究において、Ni-Ti(粒子)は、あらかじめAISI 316Lの表面に置かれて、強力なCWシングルモード(単一縦モード)発振LD励起Nd:YAGレーザーで溶かされました。適切なレーザー加工パラメータでは、数百マイクロメートルの厚さの合金層を形成され、脆いインターフェイスの形成なしに結合された。EDS分析は、表面のX線回折パターンを316ステンレス鋼のオーステナイト系の構造、それに似ていたが、レイヤーの主要な構成要素としてFe(鉄)を含んでいることが示されました。改質層(316-Ni-Tiレーザー)のキャビテーションによるエロージョン(壊食)抵抗は、AISI 316Lステンレス鋼の約29倍を達成することができました。改善は、はるかに高い表面硬度計装ナノインデンテーション試験によって、はるかに高い表面硬度と弾性になったと考えることができました。各種タイプのサンプルの中で、キャビテーション・エロージョン抵抗は高い順にランク付けされた:NiTi plate > 316-NiTi-Laser> 316-NiTi-TIG >AISI 316L、316-NiTi-TIGは、Ni-Tiワイヤを使ってタングステン不活発ガス(TIG)プロセスにより、表面が処理されたサンプルを表します。レーザで表面を仕上げられたサンプルとTIGによって表面を仕上げられたサンプルには、同様の金属組織の特性がありましたが、前者は(ずっと少ない欠陥を持つ)より均質な合金化された層のため、より高い浸食抵抗を示しました。レーザでの表面仕上げおよびTIGでの表面仕上げサンプルでは、主にオーステナイト系のNi-Tiを代表する超弾性をもつ特性が部分的に保有されただけで、その結果、優れたキャビテーション・エロージョン抵抗は、まだ完全に達成されたわけではありません。
[キャビテーション(Cavitation)] : 液体の流れの中で圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象である。
[エロージョン(コロージョン)] : 減肉現象の一つ。高速流体・粉体などの衝突やキャビテーションなど物理的または機械的な作用による浸食をエロージョンと言い、電気化学的作用による腐食をコロージョンと言う。同時に発生した場合をエロージョン・コロージョンと言う。相互作用により減肉の程度は、これらが単独で発生した場合と比較して大きくなる。
[キャビテーション対策:316Lのチューブの表面硬度を向上させる(熱処理/表面処理方法)]


水の分解時に発生する泡が、ステンレスパイプを削るのでその対策に表面硬度を上げたいという話でしょう。耐久性の話なので、動作させる事とは直接関係はないように思います。アウターパイプは溶ける(コート素材になる)ので、チタンやセラミクスのコート系(メッキ系)は駄目そうです。故に表面の改質と言う結論になるのでしょう。インナーパイプはコートが乗るので、表面を硬くする必要がない、と言うよりもコートの密着を良くしたいので逆に柔らかくしたいくらいだろう。それとは別に、コンディショニング作業を減らすために絶縁コートを行うのは有効のような気がします。仮に減肉現象が発生するならば、ある程度の分解効率が達成できれば、泡にコートも削り取られるはずなのでギャップがコートで埋まる心配がないことが、密かに確認できたような気がします。ですので細かいコートカスがでる代謝は、心配する必要はないと。
p1.jpg



[Stanley Allen Meyer Page 2]
Helping others to make this technology feasible and easy to replicate whatever small contribution no matter how much ever small to improve the air we breathe would go a long way for our children's future.We need people to know this side of science before it's too late. Look at the change in the environment in the last 100 years in the garb of development were ruining the world we live in for the uture enerations and we are shown a picture of development as prosperity actual fact being more the prosperity more we ruin the environment for our creature comforts its a vicious cycle we could introduce the alternate cience atplaces where its hurting the environment the most at least in a small way. End quote- Ravi
この技術の実現を手助けし、複製を容易にするための貢献は、どんなに小さいことでも空気(の汚染)を改善するのに役立ち、子どもたちの未来にはるばる届くでしょう。私たちは、手遅れにならないうちに科学の負の側面を知る必要があります。ここ100年の世界の環境変化(環境汚染)を見てください。多くの人たちが、発展したスタイル、衣食住のために環境を台無しにしてきました。私達は未来の世代のために、この邪悪なサイクルにかわる新技術を見出す責任があり、代替科学を導入することは、その打撃を最小限にとどめるためにあります。

目次
* Overview
* Replication
* Faculty information
* Panacea Endorsed Supplier of cells and components
* Supplies
* Related Links
* Related Ravi Technical discussion
* Videos
* Credits

Overview
The following research paper is the first document in a sequence of material which will be used to create a complete course on pulsed DC resonant systems. This course will be coming to the Panacea University site soon. This research paper mean time intends only to out line the specific replication criterion which is necessary to duplicate Ravi's water fuel cell results. All related faculty information, validation data and further details of the water fracture process will be included in the complete course material expected to be ready in late 2008. Ravi Raju is a registered open source engineer with Panacea and has recently disclosed his WFC replication success. Ravi's version is based on the old (now upgraded) Panacea university "D14" plans. These plans originated from the disclosures and device of open source engineer Dave Lawton.
Panacea大学により承認され、以下の研究論文は、素材の連鎖に関する最初のドキュメントで、パルス化されたDC共鳴システムの学科コースを作成するために使われます。このコースは、Panacea大学サイトにすぐ出来るでしょう。この研究論文で述べられているのは、ラビ氏の水燃料セルの結果を複製するのに必要な具体的な基準(概要)だけです。水の破壊過程のすべてに関連する教授陣情報、認証データ、および詳細な教材は、2008年後半に準備をしている学科コースに含まれるでしょう。ラビ・ラジュ氏は、Panacea大学に登録されたオープンソース技術者であり、最近、WFC(Water Fuel Cell)複製成功を明らかにしました。ラビ氏のバージョンは、古い(現在はアップグレードされます)Panacea大学 「D14」計画 に基づきます。これらの計画は、オープンソース技術者デイブ・ロートン氏の情報開示と機器から始まりました。


[Stanley Allen Meyer Page 3]
Dave Lawton's success in constructing a working VERSION of the Meyer WFC was reported to produce gas at 3x the Faradic equivalent rate for the power consumed. Dave, who spent much of his career at Britain's Rutherford Labs (equiv. U.S. Lawrence Livermore) designing and constructing instrumentation for high energy particle physics research, is far from the average 'tinkerer'.
マイヤーWFC(Water Fuel Cell)の動作バージョンを復元することについてのデイブ・ロートン氏の成功は、誘導電流に消費されたパワー(投入エネルギー)の3倍(300%)でガスを発生させると報告されました。デイブ氏、キャリアの多くをイギリスのラザフォードLabs(米国だとローレンスリバモア国立研究所と同等)で、高エネルギー素粒子物理学研究のために計測器を設計製作するのに費やした、その知識は、一般的な『修理屋』とはほど遠いです。
o0202026510262911713.jpg


Videos of his two WFC units, one with an employing solid state timing logic, was posted on YouTube and has since received over 50,000 hits. The cells operated at 12-13v/3-4a - averaging approximately 57 watts of input power - producing gas aggressively in distilled water with no added electrolyte. The difference between Ravi's replication results and Dave's is that Ravi built a biggercell and conducted a gas flow meter test. This gas flow meter test proved with out any doubt that he had some thing closely related to Meyer's original process. Meyer's results reportedly showed an out put which was up to 1700% above Faradays law of electrolysis. Thus it is only logical to assume that the pulsed DC resonant systems are not conventional electrolysis. Nothing about this process involved in the Water Fuel Cell resembles electrolysis. There is no electrolyte used; there is NO current admitted to the water, in a proper system. No heating occurs in the water as it produces gas. The gas produced is Hydroxy (aka HHO or "Brown's Gas"), not differentiated Hydrogen and Oxygen; and all of the work is performed by resonance and the voltage potential. As a result of Ravi disclosing his gas flow test on Youtube.Com, intimidation intended to interfere with his research resulted. Ravi was un lawfully threatened. This prompted
彼の2つのWFCユニットのビデオ(使っているソリッドステートのタイミング論理がある1)は、ユーチューブに掲示されて、以来、5万以上のヒットを受けています。セルは12-13V/3-4A --約57ワットの平均入力--生産ガスに関しては、添加電解質なしの蒸留水で積極的に作動しました。ラビ氏の複製結果とデイブ氏のものの違いは、ラビ氏がより大きなセルを作って、ガス流量のメーターテスト(測定)を行ったところです。このガス流量メーターテスト(測定)で、何らかのものがマイヤー氏のオリジナルのプロセスと密接に関連あることが証明されました。マイヤー氏の結果は伝えられるところでは、最大1700%の電解効率でファラデー法則を超えていました。従って、パルス化されたDC共鳴システムが、従来の電気分解ではないと仮定するのは当然の流れです。 水燃料セル(Water Fuel Cell)にかかわるこの過程は、電解に類似していません。ガスを発生させるとき、水に加熱(暖まること)は起こりません。生産されたガスは水素混合であり(通称:HHOまたは「ブラウンガス」)水素と酸素は、分離されません;そして、仕事のすべてが共鳴(反響)と電圧によって実行されます。Youtubeのラビ氏のガスフローテストを明らかにした結果として、彼の研究を妨げることを意図する威嚇は結果として生じました。ラビ氏は非合法的に脅かされました。



[Stanley Allen Meyer Page 4-5]
public action by the non profit organization and a reporting of this incident to the authorities by us. Currently our subscribers keep a public watch on Ravi's and the organizations actions. The public are needed to assist in this task to stop energy suppression, please subscribe to our news letter. Only consolidated in this task can we effectively prevent engineers from being harassed and enable them to freely present free energy research to the public. The Non profit organization Panacea-BOCAF intends to support open source engineers working with the WFC and other suppressed clean energy technologies. These engineers require grants, resources, faculty recognition and security. All this can be created! For those able to help this effort, please contactPanacea's proposed granted research and development center. Contact us. Ravi's version of "D14" used bigger 9" (inch) tubes and a 9 tube set. This gave him a resulting lower input current of 0.51 Amps from the frequency generator. Given the efficiency reports by Ravi this technology is an invaluable power management process which the mainstream faculties must benefit from. As an emission cutting device andpower savings device alone, this technology justifies (and needs) law for its mandatoryimplementation. The Non profit organization Panacea-BOCAF intends to support open source engineers working with the Meyers other uppressed clean energy technologies. These engineers require grants, resources, faculty recognition and security. All this can be created in Panacea's proposed granted research and development center. For those able to help this effort, please Contact us. Panacea's Stanley Allen Meyer Page on Meyer's technology
民間非営利組織による公的な行動、私たちによるこの事件の当局への報告。 現在の、私たちは、ラビ氏と共に行動するようにしてます。エネルギー抑圧を止めるために一般大衆がこの仕事を補助することが必要です。どうぞ、私達のニュースレターに申し込んでください 。このタスクに統合されるだけで、私達は、エンジニアが悩まされることを効果的に防止し、一般大衆にフリーエネルギー研究を自由に公開するができるようにします。民間非営利組織Panacea- BOCAFは、WFCおよび他の抑制されたクリーンなエネルギーテクノロジーで働いているオープンソースエンジニアをサポートする予定です。これらの技術者は助成金、資源、認識能力、およびセキュリティを必要とします。このすべてを作成することができます!支援制度については、Panaceaの提案を付与する研究開発センターに連絡してください。私たちに連絡してください。ラビ氏のバージョン「D14」は、以前より長い9インチの9本管仕様です。これは、周波数発生器から0.51Aの入力電流を与えました。ラビ氏には、この技術によって、主流の学部からの給付があります。このテクノロジーは、測り知れないほど貴重なパワー・マネジメントプロセスです。排出削減機器および単独の省力機器として、このテクノロジーは、実施のための義務的な法律を正当化します。(そして、必要性も)民間非営利組織Panacea- BOCAFは、マイヤーズと、他の抑制されたクリーンなエネルギーテクノロジーを作動させているオープンソースエンジニアをサポートするつもりです。これらのエンジニアは助成金は、リソース、認識能力、およびセキュリティが必要です。すべてPanaceaの提案を付与する研究開発センターで援助することができます。この努力を支援することについては、お問い合わせください。

Description
Until further OPEN SOURCE testing can be done, so far it is understood that there is compound resonance present in the WFC (actually it is more of an electrolyzer than a fuel cell). This compound resonance has so far been evident in experimenter's cells. There is an electrical resonance between the inductors (Resonant Charging Choke coils), there is an electrical resonance within the electrode gap itself within the water,and, finally, there is an acoustical resonance between the cylindrical electrodes, which is somehow phase coupled to the electrical resonances.The electrical resonance involves a phase delay between the pulses to the electrodes, which has the effect of inhibiting current flow into the cell; the acoustic resonance may be producing a standing wave which inhibits ion transport. Both of these contribute to dielectric breakdown in the water, which is where electrons are ripped from the water
これまでのところ、WFCに合成共鳴があることが理解されています。(実際、燃料電池よりも電解効率は上) この複合している反響(合成共鳴)は、実験者のセルでこれまでに明らかにしています。まず、インダクタ(共振充電チョークコイル)の間に、電気的共鳴があります、そして、水中の電極ギャップ内にも電気的共鳴があり、最後に、円筒形の電極の間に音響の共鳴があります。それらは、電気的共鳴と段階的に結合されてます。電気的共鳴は、セルへの電流の流れを抑制するという効果を持っている電極間のパルスの位相後退にかかわります。 音の共鳴はイオン輸送を抑制する定在波を発生させているかもしれません。 これらの両方が水の絶縁破壊に貢献します。(電子が水から裂かれることです)


This concept and technology first surfaced in the 1990's, individuals such Dr. Henry Puharich showed that by molecular resonance the production of this gas are possible, as did Dr Yull Brown hence the name Brown's gas. The reality of the hydrogen on demand process became self evident with the emergence of the Stanley Meyer's water fuel cell patent, which showed that conventional electrolysis theory is incomplete and not the whole picture as Stanley Meyer was able to create enough hydrogen out of the water to run a car from as little as 13 volts and very little amperage. Stan's efficiency's were calculated to be up to 1700%.
この概念とテクノロジーは、当初、1990年代に浮上し、ヘンリーPuharich博士が見せた個人での分子共鳴で、このガスの生産が可能であることが示され、後にYullブラウン博士の名前がブラウン・ガスとして示された。スタンリー・マイヤー氏が水から最小13ボルトと非常に少ないアンペア数から、車を走らせることができる量の水素を取り出したとき、今までの水分解の現実(理論)は全貌ではなく、且つ従来の電気分解の理論が不完全であることが、スタンリー・マイヤー氏の水の燃料電池特許の出現で明らかになりました。スタン氏のセルの分解効率は、最大1700%と試算されました

Today this pulsed resonant DC hydrogen on demand process is still currently unknownand thought to be impossible by the mainstream faculties. What mainstream faculties must realize is that there is not one part of a??Water Fuel Cell' operation which resembles conventional electrolysis. Therefore the out puts are not expected to resemble faraday's equations in any way. (There is no electrolye; 2) There is NO current admitted to the water, in a proper system; 3) No heating occurs in the water as it produces gas; 4) The gas produced is Hydroxy (aka HHO or "Brown's Gas"), not differentiated Hydrogen & Oxygen; and 5) All of the work is performed by voltage potential alone. If you think how an opera singer is able to split a 'memorex' glass with her voice, by the pitch, volume, and frequency of sound waves, this is aresonance with the glass and either splits, fractures or cracks the glass. The simple way to explain what Stan Meyer is able to do is he was using no current (ElectroStatic Voltage DC Feilds plus DC Pulses added... 600cps 50% duty cycle with 42.8khz pulses each half cycle) voltage @ resonant frequency.... instead of sound to split the water from resonance created in the water by circuitry and steel cylinders. It is understood that Stan harnessed the voltage potential. There is still allot mainstream science doesn't not yet have in their curricula regarding voltage or electricity. For example Tesla's Longitudinal and transverse waves.
今日、直流パルス化された共鳴による水分解方法は、過程が現在まだ未知であるという点から、主流の科学者からは、不可能であるように考えられてます。主流の科学者がわからなければならないことは、Water Fuel Cellの動作に、従来の電解に類似している部分がないということです。従って、ファラデーの方程式があてはまりません。(電解質が全然ありません; 2) 適切なシステムには、水に認められた電流が全くありません; 3) ガスを生産する過程で、加熱(暖まること)は水に起こりません; 4) 生産されたガスは、水素混合ガスであり(通称:HHOまたは「ブラウンガス」)水素と酸素は、区別されません ; そして5)仕事のすべては、電力の投入によって単独で実行されます。もし例えるなら、オペラ歌手が彼女の声でどうしたら'memorex'グラスを割ることができるかと考え、音波のピッチ、ボリューム、および周波数を色々試して、ガラスにヒビを入れるか、割るか、破砕するか試みるようなものです。スタン・マイヤー氏ができたことを説明する簡単なやり方は、彼が水と回路とスチールシリンダによって作成された共鳴(音の代わりに共鳴周波数を使用)から水を分解するのに、現在の電圧(DC12V、600Hz50%のデューティ・サイクルパルスに42.8kHzのハーフサイクルパルスを乗せたもの)は使用していなかったということです。スタン氏は、それらを理解した上で電圧を用いようとしていた事がわかります。未だ電圧か電気かに関するものしかカリキュラムを持っていない、理論を優先して現象を見ない主流科学があります。例えば、テスラの『Longitudinal and transverse waves』は、理論付けの学問で説明できますか。

Technically it is thought the gas results from an electromagnetic deformation of the ionized water molecule to Hydroxy (HHO), in which the Hydrogen atoms are bound magnetically, at less than the 105 degrees separation classically attributed to H2O. This results in a stronger magnetic polarization of the molecule, whereby it also carries an additional electrical charge, and is recovered upon combustion. The complete preciseness of the physical mechanism involved is still not completely agreed upon today, however the technology works. You can see this in certain industrial welding equipment that use the unique properties of Brown's Gas. This has been commercially available for over 25 years, removing all doubt as to its existence. When the water fuel cell technology emerged In the '90s, it was assumed by the energy suppressors, one would suppose, that by murdering Yull Brown that Brown's Gas would disappear as a technical concept; or that with killing Stan Meyer and Puharich, the WFC would 'dry up and blow away' They certainly believed that if all THREE!
技術的にH2O(水)の105度未満の分解では、古典的に、イオン化された水分子の電磁的変形から、水素原子が磁力に縛られた水素混合(HHO)にガスなると考えられてます。これは分子の、より強い磁気分極をもたらします、それは追加の電気チャージも伝えて、燃焼のときに分子に再結合され回復されます。かかわった物理学的メカニズムの完全(正確)さは、今日、まだ完全に解明されたというわけではありませんが、テクノロジーは実在します。ブラウンガスのユニークな性質を使用する産業用溶接装置において、これを実際に見ることができます。これは商業的に25年以上にわたり使用され、その存在としてのすべての疑いを取り除かれ利用されています。そして、90年代に水燃料セルテクノロジーが出現した時、エネルギーの抑圧者らは、Yullブラウン博士を殺害し、ブラウンガスと技術の概念を共に葬り去る;既に殺害しているスタン・マイヤー氏とヘンリーPuharich氏と共に、3人目としての抹殺を考えたことでしょう。
o0600040010260501690.jpg



[Stanley Allen Meyer Page 6]
Were out of the picture; the water fuel issue would sink beneath the waves. There is no regulation at the federal level committing grants and security into harboring the manufacture of this suppressed alternative energy technology. The current mandated laws do not prevent a corporate cartel based influence from making or creating difficult economical or political conditions to suppress this environmentally sound technology and further harbor their own profit motives. They can also simply buy the patent off the inventor and shelve it, there is no law preventing them form this. Despite there currently being no regulation and or social reforms into these matters, and these murders the water fuel cell issue is very much alive and being preserved today more then ever, this has only been able to be done with the aid of open sources engineers, whom are part of a non profit organization called Panacea-BOCAF. These engineers have independently successfully replicated a version of the Meyers water fuel cell from his patent and disclosed their results and instructions open sourced on the organizations on Line University.
仮に手を引けば; 水燃料の成果は、海中に沈んだことだろう。全くこの抑圧された代替エネルギー技術の製造を行うのに、交付金とセキュリティを遂行する連邦レベルの規則がありません。現在の法は、法人のカルテルに基づいている影響が、環境に配慮した技術を抑圧し、自身に利益誘導する難しい経済であり政治的な状態です。彼らは、また、発明者から特許を高額な金額で買い取って、それを握りつぶして来ましたが、それらを防止する法律が全くありません。これらの問題、およびこれらの殺人、水燃料セルの問題は非常に多く、社会改革を含めた世直しをPanacea-BOCAFと呼ばれる民間非営利組織の一部であるオープンソースエンジニアの援助によって成そうと思います。これらの技術者は、彼の特許からマイヤーズ水燃料セルのバージョンを独自に複製し、オンライン大学で結果と手順を明らかにしました。

Why open sourced? Well, one can judge by history why this is the only way. Examples can be seen in water fuel cell technology done by an individual named Steve Ryan's 6687who operates the Bios fuel corporation, Steve presented a water powered motorcycle. In late 2005, there was a segment aired on the show "60 Minutes" in New Zealand. This process may have used some sort of catalytic process to turn the water into a usable fuel. When the non profit organization recently asked Steve what happened to his technology, he replied and I quote due to the current economic and political conditions we are unable to bring you the water fuel cell technology at this time. He now only sells a 50/50 mix of water and fuel. Energy suppression does exist today, Stanley Meyer is thought to have died of unknown food poisoning, other engineers with technology have been removed also. Also recently the Xogen and black light power cooperation both had working water fuel cell technologies, plus 4 other companies have hydrogen on demand technologies, including a very interesting effect patented by Prof. Kanarev, all have not been able to publicly disseminate their technology.
なぜ、オープンソース化なのですか? 歴史を見ればわかると思いますが、これが唯一の(安全な)方法です。例としては、Bios fuel corporationを経営しているスティーブ・ライアン氏によって行われた水の燃料セルテクノロジーで見ることができ、水が寄贈されたスティーブ氏はオートバイを動かしました。2005年後半に、ニュージーランドの「60 Minutes」と言う番組で取り上げられました。このプロセスは、水を使用可能な燃料に変えるために、ある種類の触媒作用のプロセスを用いたかもしれません。最近、民間非営利組織が、彼の技術がどうなったかをスティーブ氏に尋ねたとき、彼は答えました。その内容は、現在の経済上、政治上の理由から、水の燃料セル技術をあなたにもたらすことができないという事でした。彼は現在、水と燃料の50/50ミックスを売るだけです。 エネルギー抑圧は今日も存在します、スタンリー・マイヤー氏を未知の食中毒で死亡させ、また、技術を持つ他のエンジニアも社会的に抹殺しています。最近も、Xogenおよびブラックライトプロセスの(実際に動作する)水分解技術、それプラス4つの水燃料セルテクノロジーがありました、Kanarev教授が特許を取得した非常に興味深い効果を含む技術が、おおやけにすべて公開できるわけではありません。

So where does that leave the public, open sourced public disclosures:
Allow NO WAITING FOR SOME COMPANY TO GET A PATENT
NO WAITING FOR SOME MANUFACTURER TO GET PRODUCT OUT TO THE MASSES?
NO SPECIAL "HIDDEN COSTS" TO APPLY THE TECHNOLOGY!
NO, "I CAN'T SHOW YOU EVERYTHING BECAUSE OF INVESTORS" EXCUSES on the Electrostatic Catastrophic Dissociation of HHO WFC VIC
NO WAY FOR THIS TO BE HELD BACK FROM THE PUBLIC IN ANY WAY EXCEPT FOR GETTING THE WORD OUT!
NUMEROUS PROVEN REPLICATIONS AROUND THE GLOBE!!!!!
そのためには、一般大衆に対してオープンソース化するしかありません、公的なディスクロージャーです :

水燃料電池 → 水燃料セルに変更しました。


プロフィール

ghostripon

Author:ghostripon
我が研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
WFC資料1(Pulsed Water-splitters) (5)
WFC資料2(Water Fuel Cell Voltrolysis Replication) (5)
未分類 (1)
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ヤスの備忘録2.0 歴史と予知、哲学のあいだ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。