スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pulsed Water-splitters No.5(パルスを用いた水の分解)

A Practical Guide to Free-Energy Devices
Author: Patrick J. Kelly

Chapter 10: Automotive Systems No.5
http://www.free-energy-info.co.uk/Chapt10.html

Fig135.jpg

Cramton: 900 litres in one hour, takes 90 watts or 2,340% Faraday
分解効率2,340% 必読。
Dr Scott Cramton. Dr. Cramton and his team of Laesa Research and Development scientists have been investigating and advancing this technology and they have reached an output of six litres per minute for an electrical input of 12 watts (1 amp at 12 volts). In addition, Dr. Cramton’s cell has stable frequency operation and is being run on local well water. The objective is to reduce the amount of diesel fuel needed to run a large capacity standard electrical generator.
Cramton博士と彼のLaesa 研究開発の科学者のチームは、この技術を調査し進歩させ、6リットル/分のアウトプットを12W(12Vにおける1A)の電気エネルギーの投入で達成しました。 さらに、Cramton博士のセルは、安定した振動数を持ち近くの井戸水で動かされます。 目的は、大容量の標準発電機を動かすのに必要であるディーゼル燃料を減少させることです。
12W(12Vにおける1A)の電気エネルギーの投入は、パルスジェネレータに投入した電気エネルギーの話で、他にモーターを駆動するのに24Wを使用している点には触れていないようです。正確には、12V-3A(36W)の投入で6リットル/分のアウトプットと思います。

The style of design is similar to Stan Meyer’s original physical construction although the dimensions are slightly different. The cell body is transparent acrylic tube with end caps top and bottom. Inside the tube are nine pairs of pipes, electrically connected as three sets of three interspersed pipe pairs. These are driven by a three-phase pulsed supply based on a replication of Stan Meyer’s original cell. It consists of a Delco Remy alternator driven by a 1.5 horsepower 220 volt AC motor. This arrangement is, as was Stan Meyer’s, for demonstration purposes. In a working application, the alternator is driven by the engine being supplied with the hydroxy gas. The 120 degree phase separation is the critical component for maintaining the resonant frequency. It should be noted that the alternator must maintain a rate of 3,600 rpm while under load.
寸法はわずかに異なっていますが、設計された形はスタンマイヤー氏オリジナルの物理的な構造と同じです。 セルボディは、上下にエンドキャップを持つ透明なアクリルチューブです。 チューブの中には、(アウターパイプとインナーパイプで1セット)3セットを1組とした電極パイプが3組あり、3セット×3組の合計9セットのパイプがあります。 これらは、スタンマイヤー氏初期の回路設計に基づいて、3相にパルス化されて動かされます。 それは、1.5馬力220ボルトACモーターで動かされる、Delco-Remy交流発電機(ACデルコ製の商品名)から成ります。 交流発電機の作動は、水素混合ガスを供給されているエンジン(の発電orクランク軸出力)により動かされます。 120度の相分離は、共鳴周波数を維持するための重要な要素です。 交流発電機が、3,600rpmを維持しなければならないことに注意するべきです
オルタネータを、高周波発生装置として利用している模様。

It needs to be stressed that Dr. Cramton’s cell is very close in construction principles to Dave Lawton’s cell and the quality of construction is very important indeed. The first and foremost point which can be easily missed is the absolutely essential tuning of all of the pipes to a single, common frequency. This is the equivalent of tuning a musical instrument and without that tuning, the essential resonant operation of the cell will not be achieved and the cell performance will not be anything like the results which Dr. Cramton and his team are getting.
デイブロートン氏のセルへの構成原理に、Cramton博士のセルも考え方が非常に近く、セルの組立精度が非常に重要であることが強調される必要があります。 真っ先のわかるポイントは、単一の共鳴周波数にする為に、パイプのすべてに調律を必ず行わなければならない点です。 これは楽器を調律するのと同等の作業であり、その調律がなければ、セルに必要不可欠な共鳴は達成されず、セル性能は、Cramton博士および彼のチームが得る結果にはなりません。

Dr. Cramton is using 316L-grade stainless steel pipes 18 inches (450 mm) long. The outer pipes are 0.75 inches in diameter and the inner pipes 0.5 inches in diameter. This gives an inter-pipe gap of 1.2 mm. The first step is to get the pipes resonating together. First, the frequency of an inner pipe is measured. For this, a free internet frequency-analyzer program was downloaded and used with the audio card of a PC to give a measured display of the resonant frequency of each pipe. The download location is here
Cramton博士は、長さ450mmの316L-グレードステンレス鋼パイプ(18インチ)を使っています。 外のパイプには直径0.75インチ(19.1mm)、および内側のパイプは直径0.5インチ(12.7mm)です。 これは1.2mmの相互パイプギャップを与えます。(外パイプの肉厚は2mmか) 最初のステップは、パイプを共鳴させることです。 第一に、内側のパイプの周波数を測定します。 そのために、無料のインターネット周波数分析器プログラムがダウンロードされ、それぞれのパイプの共鳴周波数を測定するために、PCのオーディオカードで録音されました。 ダウンロードはここにあります:

The method for doing this is very important and considerable care is needed for this. The quarter-inch stainless steel bolt is pressed into the inner pipe where it forms a tight push-fit. It is very important that the head of each nut is pressed in for exactly the same distance as this alters the resonant frequency of the inner pipe. The steel connecting strip is then bent into its Z shape and securely clamped to the bolt with a stainless steel nut. The assembly of pipe, steel strip, nut and bolt is then hung up on a thread and tapped gently with a piece of wood and its resonant frequency measured with the frequency analyzer program. The frequency is fed into the program using a microphone. All of the inner pipes are tuned to exactly the same frequency by a very slight alteration of the insertion length of the bolt head for any pipe with a resonant frequency which is slightly off the frequency of the other pipes in the set of nine inner pipes.
この方法は非常に重要です、そして、かなりの注意が必要です。 4分の1インチ(6.35mm)のステンレスボルト(ヘッド)は、インナーパイプ内径に対し『しまりばめ』で圧入されます。 各ボルトヘッドの圧入深さが、インナーパイプの周波数に影響するので、同じにすることが非常に重要です。 スチール(ステンレス)接続片は、次に、Z形に曲げられて、ステンレスナットでしっかりとボルトに固定されます。 パイプ、薄板、ナット、およびボルトのアセンブリは、糸に掛けられて、周波数分析器プログラムによって測定される状態で、木材でそっと叩かれます。 マイクロホンを使用することでプログラムに音(周波数)を取り込みます。 ボルトヘッドの圧入深さの非常にわずかな変化で、インナーパイプの周波数が変更でき周波数の調整が可能です。

Next, the outer tubes are slotted to raise their resonant frequency to match that of the inner pipes. Their frequency is also measured by hanging them up and tapping them gently with a piece of wood. If the frequency needs additional raising, then the tube length is reduced by a quarter of an inch (6 mm) and the testing continued as before. Adjusting the width and length of the slot is the best method for adjusting the resonant frequency of the tube. A small file can be used to increase the slot dimensions. This procedure is time consuming and tedious but it is well worth the effort. The average finished length of the outer pipes is 17.5 inches (445 mm) and the slot dimensions 0.75 inch long and 0.5 inch wide (19 mm x 13 mm). The pipe arrangement is shown here:
次に、アウターチューブは、インナーパイプと共鳴周波数を合わせる(アウターチューブの周波数を上げる)ためにスロットをつけられます。 また、それらの周波数は、糸に掛けられて、木材でそっと叩かれ測定されます。 もしも周波数の追加上げを必要とする場合、管長は1度に4分の1インチ(6mm)づつ減少させ、そして、従来と同様のテストをまた繰り返します。 スロットの幅と長さを調整するのは、チューブの共鳴周波数を調整するための最も良い方法です。 スロット寸法を増加させるには、小さいヤスリを使用します。 この手順は、時間がかかって退屈ですが、それは十分努力の価値があります。 外管調整後の、平均したパイプ全長は17.5インチ(444.5mm)、スロットは、高さ0.75インチx幅0.5インチ(19mm x13mm)です。 パイプのアレンジはここに示されています:

Fig76-2.gif


The outer pipes are drilled and tapped to take either a 6/32” nylon bolt available from Ace hardware stores in the USA, or alternatively, drilled and tapped to take a 4 mm nylon bolt. Three of these bolt holes are evenly spaced around the circumference of each end of all of the outer pipes.
アウターパイプには、6/32インチネジ用の下穴を開けネジ切りをして、米国のエースハードウェア店から入手可能な6/32インチ(4.76mm)ナイロンボルト、または代わりにM4用の下穴を開けネジ切り、4mmナイロンボルトを使用できるように加工します。 これらのネジ穴の3つは、アウターパイプの外周に対し等しい間隔(120度間隔)をおいて配置されます。(下図参照)
アウターパイプにギャップ支持を持たせると、分解時、インナーパイプに乗ったコートを削り落とす可能性がある(実際G1ではそうなった)ので、ギャップ支持はインナーパイプに持たせる方が良いと思います。(G2やG1b方式)

Fig77.gif


These nylon bolts are used to adjust and hold the inner pipe gently in the exact centre of the outer pipe. It is very important that these bolts are not over tightened as that would hinder the vibrations of the inner pipe. The bolts are adjusted so that a feeler gauge shows that there is exactly the same 1.2 mm gap all round, both top and bottom. The weight of the inner pipe is carried by a 3/4 inch (18 mm) wide strip of stainless steel bent into a Z-shape, and none of the weight is carried by the nylon bolts. Dr Cramton describes this Z-shaped steel strip as a “spring” and stresses its importance in constructing a set of resonating pipe pairs. The arrangement is shown here:
これらのナイロンボルトは、アウターパイプの正確なセンターでインナーパイプを穏やかに調整し、保持するために使用されます。 これらのボルトが内側のパイプの振動を妨げるようにキツク締められないことが非常に重要です。 ナイロンボルトにより、隙間ゲージが常に1.2mmのギャップを示すように、上端、下端のすべてのラウンドがボルトにより調整されます。 内側のパイプの重量は、Z-形に曲げられた3/4インチ(18mm)の幅のステンレスの接続片より支えられて、重量はナイロンボルトでは支えません。 Cramton博士は、このZ-形をしている薄板を「スプリング」と記述して、共鳴しているパイプペアのセットを構成する時に、その重要性を強調します。 配置はここに示されます:

Fig78.gif


The supporting springy strip of steel is shown in blue in the above diagram as it also forms the electrical connection for the inner tubes. The outer tubes are held securely in position by two plastic discs which form a tight push-fit inside the 6” (150 mm) diameter acrylic tube which forms the body of the cell. The cell is sealed off with plastic caps (ideally, the upper one being screw threaded for easy maintenance) and the electrical connections are carried through the lower cap using 1/4” (6 mm) x 20 stainless steel bolts. The bolts are sealed using washers and rubber O-rings on both sides of the cap.
ステンレスの接続片「スプリング」が、インナーチューブの電気の接続も形成すると、上記の図、青において示されます。 アウターチューブは、セルのボディを形成する6インチ(150mm)直径アクリル管の中に、きつく圧入された2つのプラスチックのディスクにより、定位置に安全に保持されます。 セルは、プラスチックのキャップ(理想的には、容易なメンテナンスのためにネジ切りされた上部のフタ)で封印されて、電気の接続は、貫通した1/4インチ(6mm)×20 ステンレスボルトを通して行われます。ボルトはキャップの両側でワッシャーとゴムO-リングを使用することでシールされています。

For clarity, the diagram above shows only the electrical connections for the inner pipes. The electrical connections for the outer pipes are shown in the following diagram. The connections are made at both the top and the bottom of each outer pipe by attaching a stainless steel hose clamp with a stainless steel bolt welded to each clamp. The wiring is then carried across inside the cell so that all six connection points for each set of three pipes are carried out through the base of the cell with just one bolt, again, sealed with washers and rubber O-rings. The nine pipe pairs are electrically connected in three sets of three, and each set is fed with a separate phase of a 3-phase waveform. This sets up an interaction through the water and produces a complex pulsing waveform with each set of pipes interacting with the other two sets. The sets are arranged so that the individual pipes of each set are interspersed with the pipes of the other two sets, making the sets overlap each other as shown in this diagram:
わかりやすくするために、上記の図ではインナーパイプの電気の接続のみでした 。 アウターパイプのための電気の接続は、以下の図において示されます。 接続は、固定するステンレスボルトが溶接されている状態のステンレスホースクランプにより、アウターパイプの上部、下部の両方で行われます。 配線は、3本のアウターパイプ(1セット)のために、セルの中を横切って3本が接続され、上部3つ、下部3つ、計6つの接点を配線で接続し最終的には内部で1本のまとめられ、1本のボルトによりセルのベースを通じて外に運ばれます、また、ボルトは両側でワッシャーとゴムO-リングを使用することでシールされています。3本1セットの3セットで電気的に9本のパイプセットとして機能します、そして、3位相波形の分離相で各セットを動作させます。 これは水を通して相互作用を設定し、それぞれのセットのパイプが他の2セットと対話し複雑な脈打つ波形を発生させます。 セットが調律されているので、各セットのパイプの振動は、他の2セットのパイプにも組み入れられて動作します、図に例示する:

Fig79.gif


For clarity, the diagram above does not show the electrical connections for the inner pipes and it omits the pipes of the other two groups of three, the water-level sensor, the gas take off pipe and the gas-pressure sensor.
わかりやすくするために、上記の図にはインナーパイプのための電気の接続を示しません、そして、他の2セット3本のアウターチューブの電気接続、水位センサ、ガス放出パイプ、およびガス圧力センサも省略してます。

An alternative method of connecting to the outer pipes is shown here:
アウターパイプを接続する別の方法は、ここに示されます:

Fig80.gif


This acts in exactly the same way as the previous method and are just as electrically effective. The advantage is that only four hose clamps are used instead of nine, though, of course, two of those clamps are much longer as shown in this view of the top of the pipes:
これは、まさに前の方法と同じように接続され、電気的にちょうど同じくらい有効です。 利点は4個のホースクランプだけで済むことです。もちらん9個の代わりに使用される2個のクランプは、パイプの全体をクランプするため、はるかに長さが必要ですが(交流発電機仕様は、下の回路図にある通り(+)極は3セットを別々に接続しないといけないので、この接続方法は、FETで動かす場合でしょう):
この接続方式は、3×3になっていないので無視してよいと思います。ブリッジダイオードで整流した場合は、すでに1本にまとまっているので問題ありません。

Fig81.gif


At this time, Dr. Cramton is driving the pipe arrays with the circuit shown below. It uses an AC sinewave generated by a pulsed alternator. The current fed to the motor driving the alternator accounts for about 24 watts of power while the current drive to the alternator winding is just 12 watts. It should be realised that the alternator can easily drive many cells, probably without any increase in power required. Dr. Cramton is investigating methods of producing the same waveform without the need for an alternator and while that would be useful, it should be realised that a gas output of six litres per minute for a power input of only 36 watts is a very significant result. Others have shown that it is possible to power a 5.5 kilowatt electrical generator on hydroxy gas alone with a flow rate of this sort of magnitude, and obviously, the 36 watts can very easily be provided from that 5.5 kilowatt output.
現在、Cramton博士は、下に示された回路でパイプ配列を動かしています。 それは、パルス化された交流発電機により生成された交流正弦波を使います。電流は、交流発電機のコイルからセルパイプの動作に12ワット(12V-1A)が供給され、交流発電機を動かしているモーターに約24ワット(12V-2A)供給されました。交流発電機が、パワーの追加も全く必要なしで、多くのセルパイプを容易に動かすことができると気づくべきです。Cramton博士は、交流発電機の必要性なしで同じ波形を発生させる方法を調査している間、これが役に立つだろうという、たった36ワット(12V-3A)の電力投入で、6リットル/分のガスアウトプットが非常に重要な結果であると気づくべきです。その他に示されていることは、6リットル/分のガスアウトプット(水素混合ガス)だけで、5.5キロワットの発電機を単独で動かすことが可能です。それは明らかに、36ワットから非常に容易に、5.5キロワットの出力を供給できることになります
最初の記述12W(12V-1A)に対して、ここでの記述36W(12V-3A)が正しいと思います。オルタネータを、フリーエネルギーのモータで駆動できれば有効かもしれない。結局発電で利用するならば、発電機の駆動にディーゼルやガソリンエンジンを使用するケースが多いと思うので、そこにもう一つオルタネータを追加するか、ついているオルタネータの配線を加工して、別途出力を取り出せるようにすれば良いだけですね。さすが、車を走らせていたシステムだけあって、理にかなっている。

It is absolutely essential that the pipe pairs are “conditioned” as there will be very little gas production until the white conditioning layer is built up on the active surfaces of the pipes. As has already been described, one method is by powering the cell up for a few minutes, and then letting it rest unused for a time before repeating the process. Dr. Cramton emphasises that at least a hundred hours of conditioning will be needed before the gas output volume starts to rise, and it will be three months before the white conditioning layer reaches its full thickness and the gas production rate increases dramatically.
白い調節層(酸化クロムの誘電体)がパイプの活性表面で確立されるまで、ほとんどのガス生産がないので、パイプ組が「調節されること」は、絶対に不可欠です。 既に説明されるように、数分の間セルを動かして、次に、休ませるプロセスを繰り返すことです。 Cramton博士は、ガス出力ボリュームが上昇し始める前に、少なくとも100時間の(動作)調節が必要であり、白い調節層が完全な厚さになり、劇的なガス生産率に達するには、3カ月かかると強調します

Dr Cramton stresses that it is the mechanical construction which will make the difference in the gas production rate. The inner and outer pipes must be tuned to a common frequency. It is vital that the pipe pairs must be conditioned, which can be done through repeated use over a period of time. A very important alternative to this long conditioning process is coating the whole of the pipe surfaces with the insulating material "Super Corona Dope" (www.mgchemicals.com) as this gives immediate conditioning of the pipes. When a complete set of tuned tubes has been achieved, then the electronics must be built and tuned to the resonant frequency of the tube sets. Voltage builds up on the pipes from the repeated pulsing of the low voltage circuit and the action of the bi-filar wound coils each side of each pipe set and allowed by the insulation of the pipes. With Super Corona Dope this voltage has been measured at 1,480 volts but with the insulating layer from a local water supply, that voltage is around 1,340 volts.
Cramton博士は、白い調節層が、ガス生産率の違いを生じさせる機械的構成であると強調します。内側と外側のパイプは、共通の周波数に調整する必要があります。パイプ組が、一定期間の反復使用で「調節されること」は、重要です。非常に重要なパイプに調整を与える、長いプロセスの代替案として、即時の調整を与えるように"Super Corona Dope"(商品名)をパイプ表面の全体に塗る方法があります。チューブセットの調整を完了したなら、チューブセットの共鳴周波数に、エレクトロニクス(回路)を組立てて、出力を調整しなければなりません。電圧は、低電圧回路の繰り返されるパルス化から、バイファイラーコイルにより各パイプセットに増幅したのち出力され、他のパイプは許す範囲で絶縁されます。"Super Corona Dope"と共に、この電圧は1,480ボルトで測定されましたが、絶縁体の真水との電圧は1,340ボルト程度です。[誘電体(dielectrics):電流の流れ方に応じて、物体は導体(conductor)、半導体(semiconductor)、絶縁体(insulator)に分類される。絶縁体は電気を通さないため、感電防止の被覆に利用されたりする。絶縁体が電気を通さないのは、物質内部に自由電子を持っていないからだ。外部から電圧が加わると、絶縁体は電流が流れない代わりに、分極という現象が起きる。分極や分極によって生じる絶縁体の働きを検討する場合、絶縁体とは言わずに誘電体という。]

It should be understood that the bi-filar wound coil (that is, wound with two strands of wire side by side) generates very sharply rising, very short voltage spikes, typically in excess of 1,000 volts in spite of the electrical supply being less than fourteen volts. The coils used by Dr Cramton are wound on ferrite rods, 300 mm (11.8”) long and 10 mm (3/8”) in diameter. As only 100 mm long rods were available, these were constructed by placing three inside a plastic tube. The coil winding is of enamelled copper wire and to allow sufficient current carrying capacity, that wire needs to be 22 swg (21 AWG) or a larger diameter, that is, with a lower gauge number such as 20 swg. These coils are wound to give an inductance of 6.3 mH on each of the two windings.
これは、バイファイラーコイル(同時に2つワイヤを並べて巻かれている)が、14ボルトの電力供給から非常に大きく、1000ボルトを超える非常に短い電圧スパイクを生成することを理解する必要があります。Cramton博士によって使用されたコイルは、直径10mm(3/8インチ)、長さ300mm(11.8インチ)のフェライト棒に巻き上げられている。 長さ100mm(以下)のロッドだけが利用可能なとき、これら3本をプラスチックチューブ内部に配置することによって、組み立てられました。 コイル巻線はエナメル銅線の一つであり、十分な電流を運ぶ能力を有するように、そのワイヤは22SWG = 0.711mm(サイズ21AWG)か、より大きい直径である必要があります、すなわち、20 swg = 0.914mmなどの下側のゲージ番号で。 これらのエナメル銅線は、6.3mHのインダクタンスを得るために、2つを並べて巻かれる。
短いフェライトロッドしか入手できない場合は、つなげて使用しても構わないようです。

This is the circuit presently being used. You will notice that an additional pole has been added to the Gating On/Off switch so that the timing components are switched out when the gating signal is turned off. This gives added protection for the Gating 555 chip in the circuit, preventing overheating when it is running but not being used. The frequency used with Dr. Cramton’s cell is 4.73 kHz although this is not the optimum frequency for the cell. The alternator imposes a certain limitation on the highest possible frequency, but the frequency used has been shown to be the most effective and it is a harmonic of the optimum frequency. This is a bit like pushing a child on a swing and only pushing every third or fourth swing, which works quite well.
これが、現在使用されている回路です。 トグルスイッチが回路のゲート信号に加えられ、スイッチがオフにされるとゲート信号がオフになり、タイミングコンポーネントは消されます。 スイッチは、回路の信号をコントロールしている555チップの過熱を防止する保護を目的に追加された、普段は使われません。 Cramton博士が使用した周波数は4.73kHzで、これは、セルのための最適周波数ではありません。 交流発電機は可能な限り高い周波数に(制限を設けますが)、使用される周波数は、最も効果的になるように示されています、それは最適周波数の倍音です。 これは、ブランコに乗っている子供の背中を、3回、4回と押しているようなものです。スイングは、かなりうまくいきます。

Fig82.gif


Dr. Cramton says: “I would like people to know that the scientific community is working on these projects and this technology is now a fact of science and not conjecture”.
Cramton博士は、言います: 「私は、人々に、科学者のコミュニティがこれらのプロジェクトに取り組んでおり、現在このテクノロジーが推測ではなく、科学の事実であると知っていてほしい。

Dr Cramton has performed repeated performance tests on a 40 kilowatt diesel generator and the results were highly consistent, coming in within 1% each time on ten successive tests. Here is his graph of the results of this preliminary work:
Cramton博士は、40キロワットのディーゼル発電機で繰り返し性能テストを実行しました。そして、結果は非常に一貫していました。10回の連続テストをしたときの誤差は1%の範囲内でした。 ここに、予備的な作業の結果、彼のグラフがあります:

Fig83.gif


The gains at full 40 kW load are about 35%, representing a reduction of 1.4 gallons of diesel per hour. As the generator is part of the equipment of a major power supplier, it is likely that the number of generators will be manipulated in relation to the demand and so the continuous overall gain is likely to be about 33% even with such a low hydroxy input as 6 lpm. The investigation and development is continuing.
完全な40kW負荷(100%Load)において、6L/minのような少ない水素混合ガスの入力で、毎時1.4ガロン(5.3L、1ガロン[米国] = 3.785L)のディーゼル燃料の減少(節約)を表し、得られるエネルギーは、最大値で約35%です。 ディーゼル発電機は、主要な電力供給会社の機器の一部であり、需要に関連して発電機の数が切り替えられるので、得られるエネルギーは約33%に下がるかもしれません。調査と開発は、続いています。[ユルブラウンは、水1Lから2000Lのブラウンガス(水素混合ガス)が分解できると述べてます。]



スポンサーサイト

Pulsed Water-splitters No.4(パルスを用いた水の分解)

A Practical Guide to Free-Energy Devices
Author: Patrick J. Kelly

Chapter 10: Automotive Systems No.4
http://www.free-energy-info.co.uk/Chapt10.html


Fig67.gif


Although printed circuit boards have now been produced for this circuit and ready-made units are available commercially, you can build your own using stripboard if you want to. A possible one-off prototype style component layout for is shown here:
この回路のために今やプリント基板が生み出され、既製のユニットが市販され入手可能です、もし自分自身で作りたいのならば、ユニバーサル基盤を使用して回路を構築することも可能です。ワンオフのプロトタイプスタイルのコンポーネントレイアウトを、ここに示す :
解りやすく線を加えた画像に差し替え。

Fig68-2.jpg


The underside of the strip-board (when turned over horizontally) is shown here:
ユニバーサル基盤(水平に引っくり返された時)の裏側は、ここに示されます:
ストライプ基盤は、ユニバーサル基盤とは異なり横はつながっている。故にストライプ。日本では見かけない気がする。

Fig69.gif


Fig70.jpg


Fig71.gif


Although using a ferrite ring is probably the best possible option, the bi-filar coil can be wound on any straight ferrite rod of any diameter and length. You just tape the ends of two strands of wire to one end of the rod and then rotate the rod in your hands, guiding the strands into a neat side-by-side cylindrical winding as shown here:
フェライト・トロイダルを使用するのは、最も良いオプションです、バイファイラーコイルは、どのような直径と長さのフェライト棒でも構わない。[デイブ氏は、9mm(3/8インチ)直径フェライト棒に、それぞれ22SWG = 0.711mm(サイズ21AWG)エナメル塗装銅線を、100回転「バイファイラー巻き」で巻いている] 棒の一方を端にして2本の線をテープで固定し、きちんと線が並列になるように、ロッドを手で回転させて巻きつける、ここに示す:

Fig72.gif


ラビ氏のバイファイラー資料を追加しておきます。(下記3つ)
o0600060310665565340.jpg

o0600042210665561728.jpg

ホワイトボードに書かれた2種類のバイファイラーの接続方法。([+]と[-]の接続が異なる)
左側の接続方法 : ラビ氏仕様
右側の接続方法 : マイヤー氏の特許資料より(正しいと言われている)
左が電圧上昇2.5倍、右は電圧上昇1.3倍らしい。下の%はなんだろ。
磁極をそろえた方が、効果が高くなるようです。


o0600022510665576313.jpg

手書きですが、出力波形らしい。
コイルをかますと、波形が尖がり、回数が増えるようですね。
一説では、誘導子の反響効果により、75ns、35Kvの非常に短く高電圧のスパイクを発生すると言われてます。



下の部品表は日本仕様に差し替え。
100Ωの抵抗は焼けるので、0.25W→0.5W以上に変更した方が修理の手間がありません。
バイファイラー用エナメル線(0.75mm)は、長さ10MでΦ10長さ180mmのロッドで少し余る程度。

o0793053510254273387.jpg


使用ケース:テイシン TB-23B
外形:W130×D195×H50mm 材質:ポリスチレン(本体)・アルミ(底板)

IMG_6481 のコピー


Dave, who built this replication, suggests various improvements. Firstly, Stan Meyer used a larger number of tubes of greater length. Both of those two factors should increase the gas production considerably. Secondly, careful examination of video of Stan’s demonstrations shows that the outer tubes which he used had a rectangular slot cut in the top of each tube:
このユニットの複製を作ったデイブ氏は、さまざまな改善を示している。第1に、スタンマイヤー氏は、径が大きく長いチューブを使用しました。それら2つの要素は、両方ともガス生産をかなり増大させるでしょう。第2に、スタン氏のデモンストレーションビデオの慎重な調査により、アウターチューブの各管の上部に長方形のスロットが切られていたことが示されています:

Fig74.gif


Some organ pipes are fine-tuned by cutting slots like this in the top of the pipe, to raise it’s pitch, which is it’s frequency of vibration. As they have a smaller diameter, the inner pipes in the Meyer cell will resonate at a higher frequency than the outer pipes. It therefore seems probable that the slots cut by Stan are to raise the resonant frequency of the larger pipes, to match the resonant frequency of the inner pipes. If you want to do that, hanging the inner tube up on a piece of thread and tapping it, will produce a sound at the resonant pitch of the pipe. Cutting a slot in one outer pipe, suspending it on a piece of thread and tapping it, will allow the pitch of the two pipes to be compared. When one outer pipe has been matched to your satisfaction, then a slot of exactly the same dimensions will bring the other outer pipes to the same resonant pitch. It has not been proved, but it has been suggested that only the part of the outer pipe which is below the slot, actually contributes to the resonant frequency of the pipe. That is the part marked as “H” in the diagram above. It is also suggested that the pipes will resonate at the same frequency if the area of the inside face of the outer pipe (“H” x the inner circumference) exactly matches the area of the outer surface of the inner pipe. It should be remembered that as all of the pipe pairs will be resonated with a single signal, that each pipe pair needs to resonate at the same frequency as all the other pipe pairs.
パイプオルガンのオルガンパイプが、振動数のピッチを上げるために、このようなスロットをパイプのトップに切ることによって、微調整されてます。インナーパイプの径が、アウターパイプに比べ小さいので、マイヤーセルのインナーパイプは、アウターパイプより高い周波数で共鳴します。したがって、スタン氏によって切られたアウターパイプのスロットが、インナーパイプの共鳴周波数と合わせる目的で切られ、共鳴周波数を上げていた可能性は高いように思えます。あなたが確認したいなら、インナーチューブの端に糸を掛けて(吊るして)、それを叩いて、パイプの共鳴周波数で音を出してみると良いでしょう。(下の図参照)スロットを1つアウターパイプに切開し、それの端に糸を掛けて吊るし、それをたたくことで2つのパイプの共鳴周波数を比較できます。一方のアウターパイプとインナーパイプの共鳴周波数(音)がマッチしたら、同じ寸法で他のアウターパイプにもスロットを切開します。(これで全てのパイプが同じ共鳴周波数になる)それは、立証されていないが、スロットの下からのアウターパイプ部分だけが、共鳴周波数に寄与しているのではないかと提案されました。[パイプオルガンの管長は基音の波長に比例し、ピッチ(周波数)に逆比例します。バスは内径が太めで、ソプラノとアルトが細めです。] それは、上記の図において「H」としてマークされた部分です。また、アウターパイプ(内径側の円周x高さ「H」)の内面の表面積と、インナーパイプ外面の表面積とが釣りあうと、パイプが同じ周波数で共鳴するのではないかと提案されます。個々のアウターパイプとインナーパイプのペアは、同じ周波数で共鳴する必要があり、パイプの組合せはすべて、単一の周波数によって共鳴します、これは、覚えておくべきです。
スロット作成は、固有振動数の山(ピーク)の間にもう1つ(2つ)山を新たにつくるためで、スロットを追加すると、振動数の山が追加されるのでインナーパイプと共振させやすい。アウターパイプとインナーパイプを全長で調律すると、インナーパイプが5~10cm長い状態になるといった場合(電極面積を減らしたくないが、振動数も合わせたい)に便利です。パイプの固有振動数と、パイプオルガン(内部空気の振動)は、考え方が逆のような気がします。

Fig76-2.gif


It is said that Stan ran his VolksWagen car for four years, using just the gas from four of these units which had pipe pairs 16-inchs long. A very important part of the cell build is the conditioning of the electrode tubes, using tap water. Ravi in India suggests that this is done as follows:
スタン氏は、16-inchs長のパイプ4本のユニットから発生するガスを使用して、4年間、彼のVolksWagen車を走らせたと言われています。セルの非常に重要な部分は、水道水を使用する電極チューブの調節です。 インドのラビ氏は、これが次の通りされることを提案します:

1. Do not use any resistance on the negative side of the power supply when conditioning the pipes.
  パイプのコンディショニングを整える時には、電源の(-)極に抵抗をつなげないでください。
2. Start at 0.5 Amps on the signal generator and after 25 minutes, switch off for 30 minutes
  0.5Aでパルス発生回路をスタートしてください、25分間作動させて、それから30分の間停止してください。
3. Then apply 1.0 Amps for 20 minutes and then stop for 30 minutes.
  そして、1.0Aで20分間作動させて、それから、30分の間停止してください。
4. Then apply 1.5 Amps for 15 minutes and then stop for 20 minutes.
  そして、1.5Aで15分間作動させて、それから、20分の間停止してください。
5. Then apply 2.0 Amps for 10 minutes and afterwards stop for 20 minutes.
  そして、2.0Aで10分間作動させて、20分の間停止してください。
6. Go to 2.5 Amps for 5 minutes and stop for 15 minutes.
  5分の間2.5Aで作動させて、15分の間停止してください。
7. Go to 3.0 Amps for 120 to 150 seconds. You need to check if the cell is getting hot...if it is you need to reduce the time.
  120から150秒の間3.0Aで作動させてください。 作動中に、セルチェックをして発熱しているようならば、作動時間を減らす必要があります。
この方法で、だいたい60回~80回にコート剥がれが発生しやすいので、チェックしてください。大きなコート剥がれ(5mm角以上)が多数発生した場合は、すぐに動作を中止してセルを休ませ、低アンペア(0.5A以下)コンディショニングに切り替えるべきです。セルの休憩時間を多くとるのも有効です。コート剥がれは高アンペアでの動作時に出やすいので、セルの負荷を減らすのが有効です。その後、徐々に負荷(アンペア)をあげていき、問題ないようなら上記のコンディショニング方法に戻せばよいでしょう。

After the seven steps above, let the cell stand for at least an hour before you start all over again.
上記7つのステップ終了後に、もう一度始める場合は、その前に最低1時間は、セルを休ませてください。
ラビ氏レクチャーの方法で行うと、ブラウンマックで電極ギャップが詰まる。そうなる原因は、海外と水質(重金属が混ざっている)が異なることか、SUS316Lの品質(粗悪品)の可能性が高いとのこと。他には、補修に使用したハヤコート、加工時の切削粉(鉄粉)からのもらい錆びの可能性も考えられます。SUSが粗悪品かどうかの確認は、強力な磁石にくっつかどうかで判断するそうです。くっつくもしくは、引っ張られるなら粗悪品だそうです。ちなみにセル製作に使用した住友金属製のSUS316Lはくっつかなかったので、粗悪品ではありませんでした。ブラウンマックの対処法は、蒸留水で動作させるか、電解質をほんの少し追加するのが良いそうです。他には、オルタネータを使用して泡でブラウンマックを飛ばす方法が良さそうな気がします。

You will see hardly any gas generation in the early stages of this conditioning process, but a lot of brown muck will be generated. Initially, change the water after every cycle, but do not touch the tubes with bare hands. If the ends of the tubes need to have muck cleaned off them, then use a brush but do not touch the electrodes!! If the brown muck is left in the water during the next cycle, it causes the water to heat up and you need to avoid this.
あなたは、このコンディショニング過程の初期段階では、ほとんどのガス発生も見ないでしょうが、多くの茶色の汚れ(の発生)を目撃するでしょう。 初めは、あらゆるサイクルの終了のたびに、水を交換してください。その際、素手で電極チューブに触れないでください。 チューブの端を掃除する必要があるなら、ブラシを使ってください。ただし、電極には触れないでください!!茶色の汚れが次のサイクルの間、水に残されているなら、水はそれで暖まります、そして、あなたはこれを避ける必要があります。
ブラウンマックがコート剥がれの原因になるので、水のまめな交換は非常に重要です。アウターパイプは、素手で触っても大丈夫です。ダメな箇所は、インナーパイプ外側の白いコートの乗っている部分です。

Over a period of time, there is a reduction in the amount of the brown stuff produced and at some point, the pipes won’t make any brown stuff at all. You will be getting very good gas generation by now. A whitish powdery coat of chromium oxide dielectric will have developed on the surfaces of the electrodes. Never touch the pipes with bare hands once this helpful coating has developed.
作業の終了は、茶色の汚れの減少がポイントで、最終的にチューブは茶色の汚れを全く作らなくなるでしょう。 あなたは、その頃になると、非常に良質のガス発生を得るでしょう。 酸化クロムの誘電体の白っぽい粉末状のコートは、電極の表面で展開していることでしょう。 いったんこの役立っているコーティングが展開されたら、決して素手でパイプに触れないでください。
濡れた状態だと非常に剥がれやすいので、乾燥するまで触れるのは厳禁です。

Important: Do the conditioning in a well-ventilated area, or alternatively, close the top of the cell and vent the gas out into the open. During this process, the cell is left on for quite some time, so even a very low rate of gas production can accumulate a serious amount of gas which would be a hazard if left to collect indoors.
重要:必ず風通しの良い場所で調節するか、または、セル(容器)の蓋を閉じてください、そしてガスを戸外へ放出してください。この過程の間、セルはかなりの時間動作しますので、ガス生産が非常に低い速度であっても、非常に危険な水素ガスが相当量蓄積されます。

It has been suggested that if a BUZ350 can’t be obtained, then it would be advisable to protect the output FET against damage caused by accidental short-circuiting of wires, etc., by connecting what is effectively a 150-volt, 10 watt zener diode across it as shown here:
ワイヤなどの偶然のショートにより起こされた損害から、アウトプットFETを保護することが賢明ですが、BUZ350は、保護回路を持たないので、図の位置に、10W-150Vの定電圧ダイオード[通常のダイオードのように順方向に電流を流すだけでなく、逆電圧が「ツェナー電圧」と呼ばれる定格の降伏電圧より大きければ逆方向にも電流を流せる素子である。]を、接続することによって対処する。ここに示す:

Fig75.gif


While this is not necessary for the correct operation of the circuit, it is helpful in cases where accidents occur during repeated testing and modification of the cell components.
これは回路の正しい操作には必要ではありませんが、セル成分のコンディショニングのために繰り返されるテストの間に、事故が起こるケースについて役立ちます。



Pulsed Water-splitters No.3(パルスを用いた水の分解)

A Practical Guide to Free-Energy Devices
Author: Patrick J. Kelly

Chapter 10: Automotive Systems No.3
http://www.free-energy-info.co.uk/Chapt10.html

This is the section of the circuit which does this:
回路の役割については、セクションごとにわかれてます:

Fig59.gif


The 100 ohm resistor and the 100 microfarad capacitor are there to iron out any ripples in the voltage supply to the circuit, caused by fierce pulses in the power drive to the electrolysis cell. The capacitor acts as a reservoir of electricity and the resistor prevents that reservoir being suddenly drained if the power supply line is suddenly, and very briefly, pulled down to a low voltage. Between them, they keep the voltage at point “A” at a steady level, allowing the 555 chip to operate smoothly.
100Ω抵抗と100μFコンデンサーは、電気分解セルを強烈なパルスでパワードライブさせる回路への電圧供給において機能します。 コンデンサと抵抗器は、電力を貯める機能をし、突然の電圧降下を防ぐために機能します。それらの間では、555チップがスムーズに作動し、ポイント「A」で安定した電圧を保ちます。

The very small capacitor “B” is wired up physically very close to the chip. It is there to short-circuit any stray, very short, very sharp voltage pulses picked up by the wiring to the chip. It is there to help the chip to operate exactly as it is designed to do, and is not really a functional part of the circuit. So, for understanding how the circuit works, we can ignore them and see the circuit like this:
非常に小さな容量の10nFコンデンサー「B」は、物理的にチップの近くに配線されます。非常に短く、非常に鋭い電圧パルスは、チップへの配線によってピックアップされます。小さいコンデンサーの目的は、回路の機能的な部品ではく、チップが正確に動作することを手助けするために、そこに配置されてます。従って、どのように回路が作動するかを理解するためには、それを無視して構いません:

Fig60.gif


This circuit generates output pulses of the type shown in green with the voltage going high, (the “Mark”) and low (the “Space”). The 47K variable resistor (which some people insist on calling a “pot”) allows the length of the Mark and the Space to be adjusted from the 50 - 50 shown, to say, 90 - 10 or any ratio through to 10 - 90. It should be mentioned that the “47K” is not at all critical and these are quite likely to be sold as “50K” devices. Most low cost components have a plus or minus 10% rating which means that a 50K resistor will be anything from 45K to 55K in actual value.
この回路は電圧が高く(“Mark”)、低く(“Space”)出力し、緑色のラインで描かれている形状の出力パルスを発生させます。47Kの可変抵抗器(人々が“pot”と呼ぶ)による出力パルスの長さ調整は、50-50を中心として、比率90-10~10-90の範囲で変更可能にします。「47K」が決定的な選択ではなく、似たような可変抵抗器で「50K」もあり、販売されています。最も低コストのコンポーネントは、「50K」の抵抗でプラスマイナス10%の調整範囲のもので、抵抗値は45K~55K相当になります。

The two “1N4148” diodes are there to make sure that when the Mark/Space 47K variable resistor is adjusted, that it does not alter the frequency of the output waveform in any way. The remaining two components: the 10K variable resistor and the 47 microfarad capacitor, both marked in blue, control the number of pulses produced per second. The larger the capacitor, the fewer the pulses per second. The lower the value of the variable resistor, the larger the number of pulses per second.
2つの"1N4148"ダイオードを装着して、47Kの可変抵抗器で調整された時、出力波形の周波数が変更されないようにします。残りの2つのコンポーネント:10Kの可変抵抗器と47μFコンデンサの両方(青色でマーク)は、1秒あたりのパルス生産数を制御します。コンデンサの容量が大きいほど、1秒あたりのパルス数が少なくなります。可変抵抗器の値が低いほど、1秒あたりのパルス数が大きい。

The circuit can have additional frequency tuning ranges, if the capacitor value is altered by switching in a different capacitor. So the circuit can be made more versatile by the addition of one switch and, say, two alternative capacitors, as shown here:
もしも、コンデンサの値を別のコンデンサに切り替えるならば、この回路は、追加の周波数範囲を変更、調整することができます。そのため、回路に切替スイッチを加えることによって多目的な、たとえば、2つの代替コンデンサを追加して、以下に示すように行うことができます:

Fig61.gif


The capacitors shown here are unusually large because this particular circuit is intended to run relatively slowly. In the almost identical section of the circuit which follows this one, the capacitors are very much smaller which causes the switching rate to be very much higher. Experience has shown that a few people have had overheating in this circuit when it is switched out of action, so the On/Off switch has been expanded to be a two-pole changeover switch and the second pole used to switch out the timing elements of the 555 chip. The complete version of this section of the circuit is then:
ここに示されたコンデンサー容量は異常に大きい。なぜなら、この特定の回路は、ゆっくり相対的に動くことを意図しているからです。一方、同一回路の別セクションでは、非常に小さい容量のコンデンサーを使い、切り換えレートを非常に高く行っている。少数の人々の報告によれば、この回路の切り替え時に、過熱したようなので、オン/オフの2極切換スイッチを追加して、555チップのタイミング信号を使って切り替えるようにうに拡張されている。回路のこのセクションの完全なバージョンは以下です:

Fig62.gif


which just has one additional switch to allow the output to be stopped and the 12-volt supply line to be fed instead. The reason for this is that this part of the circuit is used to switch On and Off an identical circuit. This is called “gating” and is explained in Chapter 12 which is an electronics tutorial.
12Vの出力を停止することができる追加スイッチを設けて、12Vの電源ラインの代わりに供給する。 その理由は、同一の回路を切り替えるために、回路の同じ部分が使用されることです。これは、「ゲート回路」と呼ばれて、電子機器のチュートリアルである第12章で説明されます。

The second part of the circuit is intended to run at much higher speeds, so it uses much smaller capacitors:
第2回路の部分は、より高い速度で動作するので、はるかに小さい容量のコンデンサを使用します:

Fig63.gif


So, putting them together, and allowing the first circuit to switch the second one On and Off, we get:
従って、それらをまとめて、最初の回路が第2回路を制御することを可能にしました:

Fig64.gif


The final section of the circuit is the power drive for the electrolyser cell. This is a very simple circuit. Firstly, the output of the second 555 chip is lowered by a basic voltage-divider pair of resistors, and fed to the Gate of the output transistor:
回路の最終的なセクションは、電解槽セルのためのパワードライブです。これは非常にシンプルな回路です。まず、2番目の555チップから出力された電圧は、分圧回路(抵抗分割回路)としての2つの抵抗器により引き下げられ、そして、出力トランジスタのゲートにフィードバックされます:


Fig65.gif


Here, the 555 chip output voltage is lowered by 220 / 820 or about 27%. When the voltage rises, it causes the BUZ350 transistor to switch on, short-circuiting between its Drain and Source connections and applying the whole of the 12-volt supply voltage across the load, which in our application, is the electrolyser cell:
ここでは、555チップの出力電圧は、220Ω÷820Ωまたは約27%下げられます。出力電圧が上がると、BUZ350トランジスタのスイッチが入り、12Vの供給電圧が流れこみ電極チューブをショートさせます。それが電解槽セルのしくみです:

Fig66.gif


The transistor drives the electrolysis electrodes as shown above, applying very sharp, very short pulses to them. What is very important are the wire coils which are placed on each side of the electrode set. These coils are linked magnetically because they are wound together on a high-frequency ferrite rod core and although a coil is such a simple thing, these coils have a profound effect on how the circuit operates. Firstly, they convert the 555 chip pulse into a very sharp, very short, high-voltage pulse which can be as high as 1,200 volts. This pulse affects the local environment, causing extra energy to flow into the circuit. The coils now perform a second role by blocking that additional energy from short-circuiting through the battery, and causing it to flow through the electrolysis cell, splitting the water into a mix of hydrogen and oxygen, both gases being high-energy, highly charged atomic versions of those gases. This gives the mix some 400% the power of hydrogen being burned in air.
トランジスタは、非常に鋭くて、非常に短いパルスを電気分解電極に適用して、上に示されているように動作させます。非常に重要なものは、セル(電極チューブ)の側に置かれているバイファイラーコイルです。コイルは高周波フェライト棒コア上に一緒に巻き上げられてます。そして、このコイルの構造は非常に単純なものであるが、回路がどう作動するかの甚大な効果があります。これらのコイルは磁力によってリンクされます。バイファイラーコイルは、555チップが作り出したパルスを、非常に鋭く、非常に短く、高電圧(約1200V)に変換します。このパルスはローカルな環境に影響し、追加エネルギーを回路に流入させます。コイルの2つめの役割は、バッテリーを高電圧によるショートから守ります、そして、高電圧が電解セルを通して流れることで水を、水素と酸素の混合ガスに分解します、両者共に原子ガス(HHO)バージョンで、高エネルギーである。水素原子混合ガスは、空気中で水素分子が燃焼する熱エネルギーの約400%(3.8倍)の熱エネルギーを放出します
この特徴は、ブラウンガスと同じです。

When the transistor switches off, the coils try to pull the transistor Drain connection down to a voltage well below the 0-volt battery line. To prevent this, a 1N4007 diode is connected across the cell and its coils. The diode is connected so that no current flows through it until the transistor Drain gets dragged down below the 0-volt line, but then that happens, the diode effectively gets turned over and as soon as 0.7 volts is placed across it, it starts to conduct heavily and collapses the negative voltage swing, protecting the transistor, and importantly, keeping the pulsed waveform restricted to positive DC pulses, which is essential for tapping this extra environmental energy which is what actually performs the electrolysis. You can easily tell that it is the environmental “cold” electricity which is doing the electrolysis as the cell stays cold even though it is putting out large volumes of gas. If the electrolysis were being done by conventional electricity, the cell temperature would rise during the electrolysis. A John Bedini pulser circuit can be used very effectively with a cell of this type and it adjusts automatically to the resonant frequency as the cell is part of the frequency-determining circuit.
トランジスタのスイッチがOFFのとき、コイルは、トランジスタのドレン(d)接続を抜き取り、バッテリー線の電圧を0Vまで下げようとします。これを防止するために、セルおよびそのコイルを横切って1N4007ダイオードが接続されます。ダイオードが接続されて 0ボルトラインに引きずられるので、電流はトランジスタのドレン(d)まで全く流れません、しかし、ダイオードは順方向電圧が0.7Vに達しないと電流がながれません。スタート時の動作は重く、負の電圧振幅を潰しトランジスタを保護します。そして重要なのは、直流パルス化された波形を(+)に限定されるようにしておくこと、それらは、電解を実行するのに追加されるであろう周囲のエネルギーを利用するのに不可欠なものです。電解セルが電気分解をして大量の水素混合ガスを放出しても、冷たいまま(発熱しない)なので、あなたは、環境に配慮した「冷たい」電気であると簡単に言うことができます。もしも、従来通りの電気分解が行われるなら、セル温度は電気分解の間、上昇することでしょう。ジョンBedini氏のパルス回路は、このタイプのセルを使用することで非常に効果的に使用されます、そして、セルが周波数決定する回路の一部であるので、それは自動的に共振周波数に調整されます
セルは、動作中発熱しない。

The BUZ350 MOSFET has a current rating of 22 amps so it will run cool in this application. However, it is worth mounting it on an aluminium plate which will act as both the mounting and a heat sink but it should be realised that this circuit is a bench-testing circuit with a maximum current output of about 2 amps and it is not a Pulse-Width Modulation circuit for a high-current DC electrolyser. The current draw in this arrangement is particularly interesting. With just one tube in place, the current draw is about one amp. When a second tube is added, the current increases by less than half an amp. When the third is added, the total current is under two amps. The fourth and fifth tubes add about 100 milliamps each and the sixth tube causes almost no increase in current at all. This suggests that the efficiency could be raised further by adding a large number of additional tubes, but this is actually not the case as the cell arrangement is important. Stan Meyer ran his VolksWagen car for four years on the output from four of these cells with 16-inch (400 mm) electrodes, and Stan would have made a single larger cell had that been feasible.
BUZ350 MOSFET [電界効果トランジスタ(FET)の一種、パワーMOSFET(英:Power MOSFET)、大電力を取り扱うように設計されたMOSFETのこと。 他のパワーデバイスと比較するとスイッチング速度が速く、低電圧領域での変換効率が高い為、200V以下の領域で、スイッチング電源や、DC-DCコンバータ等に用いられる。] は、22Aの定格電流なので、動作中は涼しく動くでしょう。しかし、それを実装するとき、アルミニウムプレート上に設置することや、同様にアルミのヒートシンクをつけることは価値があります。しかし、この回路が約2Aの最大電流出力ベンチテスト回路であり、大電流(直流)で電気分解をするための、PWM(パルス幅変調回路)でないことを理解するべきです。そして、次に書く電流の流れ方は、特に興味深いものです。1つのチューブがある時は、電流は約1Aです。2番目のチューブが追加されると、電流は0.5A以下で増加します。3番目のチューブが追加されると、全体の電流は2A弱になります。4番目と5番目のチューブが追加されると、それぞれ約100mAで増大します。そして、6番目のチューブは、追加されても電流はほとんど増加しません。これは、チューブを多数追加することによって、効率がさらに良くなる可能性を示 していますが、事例として、チューブの配置の方が重要(分解効率に影響する)なので、本数はそれほど重要ではありません。スタン・マイヤー氏は、4本の電極チューブ、長さ16インチ(400mm)の(水素混合ガス)アウトプットにおいて、彼のフォルクスワーゲンを4年間走らせました。そして、本数や配置が重要でなければ、スタン氏は単一のより大きいセルを作ったことでしょう。
スタン氏は、セルを使用してフォルクスワーゲンを4年間走らせた。

Although the current is not particularly high, a five or six amp circuit-breaker, or fuse, should be placed between the power supply and the circuit, to protect against accidental short-circuits. If a unit like this is to be mounted in a vehicle, then it is essential that the power supply is arranged so that the electrolyser is disconnected if the engine is switched off. Passing the electrical power through a relay which is powered via the ignition switch is a good solution for this. It is also vital that at least one bubbler is placed between the electrolyser and the engine, to give some protection if the gas should get ignited by an engine malfunction.
電流は特に高くはありませんが、5Aまたは6Aの回路ブレーカーまたはヒューズは、偶然のショートに対して保護を目的に、電源と回路の間に配置する必要があります。もしこのような電解槽を乗り物に設置する場合は、エンジンを停止した時に電解槽の接続も切れるように配線されることが必要です。イグニション・スイッチを通して動かされるリレーに配線を通すのが、良い解決策です。また、少なくとも1個のbubbler(上の図)が電解槽とエンジンの間に置かれることも、安全上重要であり、エンジンの点火によって起こるガス引火(バックファイア)から、電解槽を保護するためにも必要です。

Fig67.gif






Pulsed Water-splitters No.2(パルスを用いた水の分解)

A Practical Guide to Free-Energy Devices
Author: Patrick J. Kelly

Chapter 10: Automotive Systems No.2
http://www.free-energy-info.co.uk/Chapt10.html

Fig52.gif



A ring of nine evenly-spaced inner pipes are positioned around the edge of a steel disc which is slightly smaller than the inside dimension of the acrylic tube. The pipes appear to be a tight push-fit in holes drilled very accurately through the disc. These holes need to be exactly at right-angles to the face of the disc in order for the pipes to be exactly aligned with the acrylic tube ? definitely a drill-press job. The disc is mounted on a central threaded rod which projects through the plastic base disc, and a plastic spacer is used to hold the disc clear of the studs positioned at ninety degrees apart around the outer edge of the base disc.
9つのインナーパイプが等間隔に配置され、アクリルパイプ(容器)の中の内径より少し小さいステンレスディスクにはまります。 インナーパイプは、ステンレスディスクに開けられた精密な穴にしまりばめで固定されるようです。 これらの穴をディスクに対し、正確かつ垂直にあけるのは、インナーパイプがアクリルパイプと平行になるように配置する必要がある?ボール盤やフライスでやるべき作業。(現在ならレーザーカットでも良さそう) ディスクの中央は、スタッドボルトとスペーサーによりマウントされ、スペーサーはディスクとインナーチューブがアクリルパイプと平行になるよう固定するために使用されます。(中央一点止めのようです)

The mounting for the outer tubes is also most unusual. A piece of steel plate is cut with nine projecting arms at evenly-spaced positions around a circular washer shape as shown here:
外側のチューブ用の取り付けもとても珍しいです。スチールプレートはカットされ均等かつ等間隔に9つの突出する腕をもっています、ここに示す:

Fig53.gif


This piece has four holes drilled in it to match the stud positions of the plastic base piece. The number of studs is not specified and while I have shown four, the plate resonance might be helped if there were just three. The size is arranged so that when the arms are bent upwards at right-angles, they fit exactly against the inner face of the acrylic tube.
このプレートには、プラスチック製ベースに対応する4つのスタッド用の穴が開けられています。スタッドの数は本来指定されていないが、私は4つで示している。板共振をより発生させたい状況なら3つでも良いだろう。プレートの腕の角度は、ベースから垂直に立ち上がり、全てがアクリルパイプと平行に曲がって配置されます。

These arms get two bends in them in order to kink them inwards to form mounts for the outer tubes. The degree of accuracy needed her is considerable as it appears that there are no spacers used between the inner and outer tubes. This means that the very small gap of 1.5 mm or so has to be maintained by the accuracy of these mounts for the outer tubes.
これらの9つの腕は、アウターチューブのマウントを形成するために、さらに2箇所を曲げてます。 曲げの角度は、個々に正確さが必要で、スペーサー無しでインナーチューブとのクリアランス(ギャップ)が約1.5mmであることを考えると、アウターチューブを固定するのにどの程度精度が必要か理解できるでしょう。

It should be noted that the inner tubes are much longer than the outer tubes and that the outer tubes have a tuning slot cut in them. All of the inner tubes are mechanically connected together through their steel mounting disc and all of the outer tubes are connected together through the ring-shaped steel disc and its kinked arm mounts. It is intended that both of these assemblies should resonate at the same frequency, and they are tuned to do just that. Because the inner tubes have a smaller diameter, they will resonate at a higher frequency than a larger diameter pipe of the same length. For that reason, they are made longer to lower their natural resonant frequency. In addition to that, the slots cut in the outer tubes are a tuning method which raises their resonant pitch. These slots will be adjusted until every pipe resonates at the same frequency.
アウターチューブよりも、インナーチューブが長く、アウターチューブにはチューニングスロットをカットしている点に注意すべきです。すべてのインナーチューブは機械的にステンレスディスクに固定され、アウターチューブはカットされたスチールプレートと、屈折したアームにより固定されます。これは、インナーチューブとアウターチューブ両方のアセンブリが、同じ周波数で共鳴するように意図しチューニングされている。これは、インナーチューブは直径が小さいので、同じ長さの大口径管よりも高い周波数で振動します。その理由で、インナーチューブは周波数が下がるように長めに作られています。それに加えて、アウターチューブにあけるスロットは、振動周波数を高く発生させるためのチューニング方法です。すべてのパイプは、同じ周波数で共鳴させるためスロットにより微調整されます。

Looking initially at the mechanical design, suggests that the assembly is impossible to assemble, and while that is almost true, as it will have to be constructed as it is assembled and it appears that the inner and outer pipe assembly can’t be taken apart after assembly. This is the way they are put together:
注視 機能面で、インナーアウターを個々に組み立てたものを単純に組み合わせる方法では、狙った共鳴が発生しないことを示しておきます。なぜなら、組立中に個別に調整される必要があり、組立後に、インナーおよびアウターパイプアセンブリを分解してしまうと調整が狂うので分解不可。以上、組立方法です:
と記述されてますが、セルパイプの振動数についてはそれほど神経質になる必要はないと思います。なぜなら、そろえていないパイプで組んだセルでも十分動くため。インナーアウターそれぞれの長さを誤差0.5mm以内に収める程度で良いでしょう。スロットも必要ありません。(インナーとアウターの固有振動数を合わせる必要がない)インナーパイプに乗る白いコートが剥がれなければ、分解しても大丈夫と思います。それとは別に、インナーを接続する電極板金にも、最終的にコートが乗る=リークが発生するので、(-)側は、電極板金を使用しないで直接導線を引くような設計の方が良いでしょう。ただし、最終的なアウトプットを極限まで追及する場合は、インナーアウターの調律は必要になると思います。(それよりもセルのサイズ、特にパイプの長さの方が重要と思いますが:長いほうが効率がよくなる傾向)

Fig54.gif


The ring support for the outer pipes is not bolted securely to the plastic base but instead it is spaced slightly above it and mounted on just the stud points. This ring is underneath the slightly smaller diameter disc which holds the inner pipes. This makes it impossible for the two components to be slid together or apart, due to the length of the pipes. This suggests that either the inner pipes are pushed into place after assembly (which is highly unlikely as they will have been assembled before for tuning) or that the outer pipes are welded to their supports during the assembly process (which is much more likely).
アウターパイプのリングサポートはプラスチック製のベースに直接ボルトで固定されるのではなく、代わりに、それはプラスチック製のベースからわずかに間隔をあけた状態で、スタッドボルトにより固定されます。(下の断面図を参考に)このリングは、インナーパイプを保持している少し小さいディスクの下に固定される。長いインナーパイプにアウターパイプが重なり同じベースに固定されるため、2つのコンポーネントが、一緒にまたは離れて脱落することがなくなります。これは、インナーパイプがアセンブリの後にステンレスディスクに圧入されるか、またはアウターパイプが、インナーパイプの組立後、サポートに溶接されることを示します。

One of the “studs” is carried right through the plastic base in order that it can become the positive connection of the electrical supply, fed to the outer pipes. The central threaded rod is also carried all the way through the plastic base and is used to support the steel plate holding the inner pipes as well as providing the negative electrical connection, often referred to as the electrical “ground”.
「スタッド(ボルト)」のうちの1本は、プラスチック製ベースを通り抜けて電源供給のポジティブ【+極】として外部と接続される。中心のスタッド(ボルト)もまた、プラスチック製ベースを通り抜けて、インナーパイプを保持するディスクを固定するためだけでなく、ネガティブ【-極】な電気接続を提供するために使用されます。多くの場合、配線図では「グラウンド(GND)」と呼ばれます。

Another plastic disc is machined to form a conical lid for the acrylic tube, having a groove to hold an O-ring seal and the water inlet for refilling and the gas output tube. The drawing mentions the fact that if tap water is used, then the impurities in it will collect in the bottom of the electrolyser when the water is removed by being converted to hydroxy gas. This means that the cell would have to be rinsed out from time to time. It also draws attention to the fact that the gasses dissolved in the tap water will also come out during use and will be mixed with the hydroxy gas output.
上部のプラスチックのディスクは、水の補充とガスのアウトプット管接続のため穴が開けられ、アクリルパイプ(容器)とのシールを保つためのためのOリング用溝を持っている。内側は、円錐形のふたを形成するために加工されます。図面は、水道水が使われることに言及し、そして、水が水素混合ガスに変換されることで取り除かれる時には、その不純物は電解槽の底に集まります。これは、セルを時々すすぐ(掃除する)必要があることを意味しています。また、実際に注意しなければならないことは、使用の間に不純物がガスとして出て、水素混合ガスのアウトプットと混ぜられる可能性があることです。

When these various components are put together, the overall cell construction is shown like this:
これらのさまざまなコンポーネントが組み立てられる時には、全体のセル構造は、このように示されています:

Fig55.gif


This cross-sectional view may be slightly misleading as it suggests that each of the nine outer pipes has its own separate bracket and this is probably not the case as they are connected together electrically through the steel ring-shaped disc and should vibrate as a single unit. It is tempting to use separate brackets as that would allow the assembly to be taken apart quite easily, but the electrical contacts of such a system would be much inferior and so it is not to be recommended.
9本のアウターチューブは、個々にアームで固定され、スチールプレートを通して一緒に電気的に接続され、一つの部品として同時に振動するべきであるので、上の断面図は少し紛らわしい示唆になるかもしれません。図が、アセンブリを容易に分解できるように見せるように、上の断面図は、別個のブラケットで固定しているように見せる。そのようなシステムの電気的に接続はとても劣るので、従って、それは推奨できません。

Because of the way that all of the inner pipes are connected together and all of the outer pipes are connected together electrically, this form of construction is not suited to the three-phase alternator drive shown below, where the nine pipes would have to be connected in separate sets of three. Instead, the solid-state circuit is used, which is very effective and which does not have the size, weight, noise and increased current of the alternator arrangement.
インナーパイプのうちのすべてが接続、およびアウターパイプのすべてが接続される方法のため、この構造は、下に示された3相の交流発電機ドライブに適していません。その場合、9本のパイプが、3本づつ3ユニットにおいて接続される必要がある。 代わりに、ソリッドステート回路が使用されます。(非常に効果的であり、サイズ、重さ、ノイズ、および交流発電機による増大する電流がない)

If accuracy of construction is a problem, then it might be possible to give the outer pipes a deliberate slope so that they press against the inner pipes at the top, and then use one short spacer to force them apart and give the desired spacing. It seems clear that Stan worked to such a degree of constructional accuracy that his pipes were perfectly aligned all along their lengths.
もし構造の精度に問題があるならば、アウターパイプをインナーパイプに押し当て、そのあと、はなすことにより故意にクリアランスの調整をすることが可能で、要求されたクリアランス(ギャップ)を与えることが許されます。スタン氏が、パイプの長さと角度が揃うように、構造上の精度調整に取り組んでいたのは、明確に見てとれます。

Dave Lawton points out that the connection point of the brackets for the outer pipes is highly critical as they need to be at a resonating node of the pipes. The connection point is therefore at 22.4% of the length of the pipe from the bottom of the pipe. Presumably, if a slot is cut in the top of the pipe, then the resonant pipe length will be measured to the bottom of the slot and the connection point set at 22.4% of that length. Dave Lawton’s pipe arrangement can be driven either via an alternator or by an electronic circuit. A suitable circuit for the alternator arrangement is:
デイブロートン氏は、接続ポイントが、パイプの共鳴の節になる必要があるのでアウターパイプ固定のためのブラケットの接続ポイント(高さ)が非常に重要であると指摘します。従って、接続ポイントはパイプの底からパイプの長さの22.4%に位置します。もしスロット(切欠き)がパイプのトップあるならば、接続ポイントは、そのスロット(切欠き)の下端から底までの長さの22.4%でセットされるべきである。デイブロートン氏のパイプ接続配置は以下で、交流発電機を経て、また電子回路により動かされます。交流発電機配置に適当な回路は下記です:
個人的な見解では、アウター:リジットマウント(パイプサポートに固定)、インナー:フローティングマウントで良いと思います。クラムトン博士もこの方式です。固定位置の22.4%にも拘る必要はないと思います。
下の回路図のように、バイファイラーを使用しない場合は、オルタネータからでる3本線をまとめて、ブリッジダイオードで整流してもOKのようです。バイファイラーを使用する場合は3本を別々に整流するべき。


Fig56.gif


In this rather unusual circuit, the rotor winding of an alternator is pulsed via an oscillator circuit which has variable frequency and variable Mark/Space ratio and which can be gated on and off to produce the output waveform shown below the alternator in the circuit diagram. The oscillator circuit has a degree of supply de-coupling by the 100 ohm resistor feeding the 100 microfarad capacitor. This is to reduce voltage ripple coming along the +12 volt supply line, caused by the current pulses through the rotor winding. The output arrangement feeding the pipe electrodes of the electrolyser is copied directly from Stan Meyer’s circuit diagram.
この珍しい回路において、交流発電機のコイルの回転は、可変の周波数と可変のMark/Space比率を持ち、回路図の交流発電機の下で示されたアウトプット波形を生み出すため、出力時、断続的にコントロールされ、発振器回路を経てパルス化されます。発振回路の電源には、ある程度、電子デバイスが発生する電源雑音や,それに伴う放射電磁雑音(EMI)を抑える目的で、100Ωの抵抗体と100μFコンデンサを使用してます。これは、コイルの回転を通した現在のパルスによって引き起こされた、+12ボルトの電源に乗って来るリップル(「さざ波」ある一定の電圧の上に乗っている小さなさざ波の様な電圧)電圧を減少させるためのものです。電解槽のパイプ電極に供給している出力配置は、直接スタン・マイヤー氏の回路図からコピーされました。

It is not recommended that you use an alternator should you decide to build a copy of your own. But if you decide to use one and the alternator does not have the windings taken to the outside of the casing, it is necessary to open the alternator, remove the internal regulator and diodes and pull out three leads from the ends of the stator windings. If you have an alternator which has the windings already accessible from the outside, then the stator winding connections are likely to be as shown here:
あなたが、このシステムの複製品を自作するなら、交流発電機を使用する方法はお勧めできません。しかし、もし交流発電機(オルタネーター)を使うと決めた場合、ケースの外にコイルがないならば、交流発電機を分解することが必要です。内部のレギュレーターとダイオードを取り除き、固定子巻線の端から3つのリードを引き出してください。もしケースの外にコイルがあり、すでに得やすい巻線を持っている交流発電機を持っているならば、固定子を巻いている接続は、ここに示されたとおり:
画像は、実際に試した接続方法に変更してます。

o0396036910754806704.jpg
o0800060010754806706.jpg


The motor driving Dave’s alternator draws about two amps of current which roughly doubles the power input to the circuit. There is no need for the size, weight, noise, mechanical wear and current draw of using a motor and alternator as pretty much the same performance can be produced by the solid-state circuit with no moving parts.
デイブ氏の交流発電機(オルタネータを動かすモーター)の駆動電流は、おおよその回路への電源入力の2倍、約2A消費します。モーターと交流発電機とほとんど同じ機能を、サイズ、重量、ノイズに優れ、機械的消耗(可動部品)がない、ソリッドステート・リレー(半導体を使った無接点リレー、高速高頻度動作が可能)で代用できるので、いまさらモーターと交流発電機を使うことの必要性が全くありません。
ここでは、ソリッドステート・リレーで代用できるとありますが、バイファイラー仕様の回路図には、オルタネータの替わりにソリッドステート・リレーが追加されていません。BUZ350は両者の回路図にあるので、ソリッドステート・リレーはBUZ350ではない(数が合わない)と思いますが、下記説明ではソリッドステート仕様の回路となっている。No.5でクラムトン博士が述べている通り、オルタネータは高周波を発生させるために、24Wを支払ってワザワザ採用していると考えるべきで、オルタネータを使用した方が、追試の再現性が高いことを加えておきます。


Both circuits have been assessed as operating at anything from 300% to 900% of Faraday’s “maximum electrical efficiency”, it should be stressed that the inductors used in this circuit, form a very important role in altering and amplifying the voltage waveform applied to the cell. Dave uses two “bi-filar wound” inductors, each wound with 100 turns of 22 SWG (21 AWG) enamelled copper wire on a 9 mm (3/8”) diameter ferrite rod. The length of the ferrite rod is not at all critical, and a ferrite toroid could be used as an alternative, though that is more difficult to wind. These bi-filar coils are wound at the same time using two lengths of wire side by side. The solid-state circuit is shown here:
両方の回路について、Michael Faraday氏(England 1791-1867)の理論では、「maximum electrical efficiency(最大の電気効率)」において300%~900%で動作すると評価されている。この回路においてインダクタ(コイル、巻線などにおいて電流の変化が誘導起電力となって現れる)が使われたことは強調されるべきである。非常に重要な役割として、セル(電極チューブ)が、電圧波形(直流パルス)を増幅する点が上げられる。デイブ氏は、9mm(3/8インチ)直径フェライト棒に、それぞれ22SWG = 0.711mm(サイズ21AWG)エナメル塗装銅線を、100回転「バイファイラー巻き」で巻いたインダクタを使います。フェライト棒の長さは、重要ではない。そして、代替手段としてフェライト・トロイダルを使用することができました、それは巻き上げするのが、より難しいのですが。バイファイラーコイルは、同時に2つワイヤを並べて巻かれます。ソリッドステート回路は以下に示されます:

Fig58.gif


Circuit operation:
回路の動作:

The main part of the circuit is made up of two standard 555 chip timers. These are wired to give an output waveform which switches very rapidly between a high voltage and a low voltage. The ideal waveform shape coming from this circuit is described as a “square wave” output. In this particular version of the circuit, the rate at which the circuit flips between high and low voltage (called the “frequency”) can be adjusted by the user turning a knob. Also, the length of the ON time to the OFF time (called the “Mark/Space Ratio”) is also adjustable.
回路の主要な部分は2つの標準555チップタイマーにより構成されています。 これらは、高い電圧と低電圧とを非常に急速に切り換えた出力波形を得るために使用されています。 この回路から来る理想的な波形形は、「矩形波」アウトプットと評されます。 このバージョンの回路では、回路の電圧の高低(以下、"周波数" と呼ばれる)を、ユーザーがノブを回して調整することができます。 また、オフ時間(以下、"マーク /スペース比")のオン時間の長さも調整可能です。


Pulsed Water-splitters No.1(パルスを用いた水の分解)

A Practical Guide to Free-Energy Devices
Author: Patrick J. Kelly

Chapter 10: Automotive Systems No.1
http://www.free-energy-info.co.uk/Chapt10.html

3. Pulsed Water-splitters
There is a much more efficient way of converting water into a hydroxy gas mix. Unlike the electrolysis devices already described, this method does not need an electrolyte. Pioneered by Stanley Meyer, pulse trains are used to stress water molecules until they break apart, forming the required gas mix. Henry Puharich also developed a very successful system with a somewhat different design. Neither of these gentlemen shared sufficient practical information for us to replicate their designs as a routine process, so we are in a position today where we are searching for the exact details of the methods which they used.
水素ガスミックス(水素と酸素の混合ガス)を水から分解し取り出すのに、従来よりはるかに効率的な方法があります。 既に説明された電解装置と異なって、この方法は電解質を必要としません。 直流パルスにより水分子にストレスを与えて分解する方法は、スタンリー・マイヤー氏によって開発され、水分子が分解されると水素ガスミックスになります。 また、ヘンリーPuharich氏は、少々異なった設計で非常にうまくいくシステムを開発しました。 前出の両者共、私たちが通常の過程としてシステムを複製できる実用的な情報を共有しなかったので、私たちは彼らが使用した方法の(正確な)詳細を調査しようと思います。

The first significant replication of which I am aware, came from Dave Lawton of Wales. By using very considerable tenacity, he discovered the practical details of how to replicate one of Stan Meyer's early designs which is called by the rather confusing name of the "Water Fuel Cell". Dave's work was copied and experimented with by Ravi Raju of India who had considerable success and who posted videos of his results on the web. More recently, Dr Scott Cramton of the USA has adapted the design construction slightly and achieved very satisfactory rates of electrical efficiency, producing some 6 lpm of hydroxy gas for just 3 amps of current at 12 volts.
私が気づいた最初の重要な情報は、ウェールズのデイブ・ロートン氏から来ました。 彼は、非常に粘り強く、スタン・マイヤー氏が初期に設計した通称「水燃料Cell」と呼ばれるものの、実用的な詳細を見つけ出しました。 デイブ氏の複製品は、動作の結果をウェブ動画で貼り出したことによって、その結果を見たインドのラビ・ラジュ氏により複製され、実験も成功を納めました。 さらに最近は、米国のスコットCramton博士が設計をさらに改良して、12ボルト3アンペアの電気で、約6L/minの水素ガスを生産して分解効率の非常に申し分ないレートを達成しました

1.jpg


The video of Dave Lawton’s replication of Stanley Meyer’s demonstration electrolyser (not Stan's production system) seen here has caused several people to ask for more details. The electrolysis shown in that video was driven by an alternator, solely because Dave wanted to try each thing that Stan Meyer had done. Dave’s alternator and the motor used to drive it are shown here:
ここで見られたスタンレーマイヤー氏のデモンストレーション電解槽「水燃料Cell」(スタンのプロダクションシステム)のデイブ・ロートン氏が複製し動作させたビデオは、何人かの人に詳細についての質問を受けました。 そのビデオにおいて示された電気分解は、交流発電機により動かされていたからです。なぜなら、デイブ氏は、スタンマイヤー氏が設計した様々な方法を試したかったからです。 それを動かすために使用されたデイブ氏の交流発電機とモーターは、ここに示されます:

2.jpg


The technique of DC pulsing requires the use of electronics, so the following descriptions contain a considerable amount of circuitry. If you are not already familiar with such circuits, then you would be well advised to read through Chapter 12 which explains this type of circuitry from scratch.
直流パルス化の技術は、エレクトロニクス技術(電子工学)の使用を前提とします。従って、以下の説明には、電気回路がかなりの量を占めます。 もしすでにそのような回路に精通していないならば、このタイプの電気回路を最初から説明する12章を、通読するようにアドバイスします。

The field coil of Dave's alternator is switched on and off by a Field-Effect Transistor (a “FET”) which is pulsed by a dual 555 timer circuit. This produces a composite waveform which produces an impressive rate of electrolysis. The tubes in this replication are made of 316L grade stainless steel, five inches long although Stan’s tubes were about sixteen inches long. The outer tubes are 1 inch in diameter and the inner tubes 3/4 inch in diameter. As the wall thickness is 1/16 inch, the gap between them is between 1 mm and 2 mm. The inner pipes are held in place at each end by four rubber strips about one quarter of an inch long.
デイブ氏の交流発電機の磁場コイルは、2つの555チップ(タイマー回路)によりパルス化され、電界効果トランジスタ(「FET」)によりオンオフを切り替えられます。 これは、電気分解に有効な周波数レートとパルスからなる合成波形を生み出します。 このCellの管(チューブ電極)は、316Lグレードのステンレス鋼で作られて、スタン氏の管は長さ約16インチ(406mm)のであったけれども、これは長さ5インチ(127mm)です。 外側(+)の管は直径1インチ(25.4mm)、内側(-)の管は直径3/4インチ(19mm)のチューブです。 肉厚が1/16インチ(1.6mm)であるので、それらの間のギャップは1mmから2mmまでの間になります。 内側のパイプは、両端に各4つゴム製の細片(約1/4 of 長さ1インチ)により保持されます。

The container is made from two standard 4 inch diameter plastic drain down-pipe coupler fittings connected to each end of a piece of acrylic tube with PVC solvent cement. The acrylic tube was supplied already cut to size by Wake Plastics, 59 Twickenham Road, Isleworth, Middlesex TW7 6AR Telephone 0208-560-0928. The seamless stainless steel tubing was supplied by www.metalsontheweb.co.uk
容器は、PVC溶解力がある接着剤で、アクリルパイプの両端を、4インチ直径の排水管用プラスチック製フタで固定した器具から作られます。 アクリルパイプの切断販売元、59 Twickenham Road, Isleworth, Middlesex TW7 6AR Telephone 0208-560-0928。シームレス(つなぎ目無し)のステンレス鋼管はwww.metalsontheweb.co.ukにより供給されました。

It is not necessary to use an alternator - Dave just did this as he was copying each thing that Stan Meyer did. The circuit without the alternator produces gas at about the same rate and obviously draws less current as there is no drive motor to be powered. A video of the non-alternator operation can be downloaded here.
交流発電機を使う必要はありません。- デイブ氏は、スタンマイヤー氏が設計制作した個々の設計を複製する際にこれも作りました。 交流発電機なしの回路はおよそ(発電機ありと)同じレートでガスを生産しますが、電流を供給されないとシステムが動かないので、少ない電流を必要とします。 交流発電機なしのビデオは、ここでダウンロードできます。
パルスジェネレータのパルスと交流発電機(オルタネータ)の高周波(3600rpm以上)の合成が、分解には有効であると、No.5でクラムトン博士が述べてます。実際、交流発電機(オルタネータ)を使った仕様を動作させたところ、明らかにバイファイラー単独仕様とは異なる(オルタネータ仕様の方が高効率に見える)ので、交流発電機(オルタネータ)の発生する高周波は効率に大きな影響があると考えるべきです。

Dave's electrolyser has an acrylic tube section to allow the electrolysis to be watched, as shown here:
デイブ氏の電解槽(電解Cell)は、電気分解の過程が見えるように、透明アクリルパイプ部分を持っています:

3.jpg


The electrolysis takes place between each of the inner and outer tubes. The picture above shows the bubbles just starting to leave the tubes after the power is switched on. The picture below shows the situation a few seconds later when the whole of the area above the tubes is so full of bubbles that it becomes completely opaque:
電気分解は、外管と内管の間から起こります。 上の写真は、電源スイッチを入れたあと泡が出始めたときのものです。 下の写真は 数秒後の状況で、管の上部エリア全体に泡がたまり不透明になりした。 :

4.jpg


The mounting rings for the tubes can be made from any suitable plastic, such as that used for ordinary food-chopping boards, and are shaped like this:
チューブを支える設置リングは、どのような素材のプラスチックから作ってもよい、普通のまな板を加工して作ってもかまいません:

5.jpg


And the 316L grade stainless steel, seamless tubes are held like this:
そして、ステンレス316Lのシームレス(つなぎめが無い)管が保持されます:

6.jpg


Here is the assembly ready to receive the inner tubes (wedged into place by small pieces of rubber):
ここには、インナーチューブを受け入れる用意ができているアセンブリがあります(インナーチューブを入れた後、ゴムの小さいスペーサーを支えで押し込みます):

7.jpg


The electrical connections to the pipes are via stainless steel wire running between stainless steel bolts tapped into the pipes and stainless steel bolts running through the base of the unit:
パイプとの接点の接続は、ステンレスワイヤーを使用して行います。パイプとユニットベースと固定はステンレス製ボルトで行います:

8.gif


The bolts tapped into the inner tubes should be on the inside. The bolts going through the base of the unit should be tapped in to give a tight fit and they should be sealed with Sikaflex 291 or marine GOOP bedding agent which should be allowed to cure completely before the unit is filled for use. An improvement in performance is produced if the non-active surfaces of the pipes are insulated with any suitable material. That is, the outsides of the outer tubes and the insides of the inner tubes, and if possible, the cut ends of the pipes.
インナーチューブに固定されるボルトは、頭が内側にあるべきです。インナーチューブは、上端をアウターと位置、下端はボルトでの固定分長くなるようにカット。 上の図参照。

While Dave’s style of construction is simple and straightforward, recently, a copy of one of Stan Meyer’s actual construction drawings has surfaced. The image quality of this copy is so low that much of the text can’t be read, so the replication presented here may not be exact or might be missing some useful item of information. Stan’s construction is unusual. First, a piece of plastic is shaped as shown here:
デイブ氏の作った構造は単純で、複雑ではない。最近になって、スタン・マイヤー氏が実際に描いたと思われる、図面のコピーが1つ見つかりました。 このコピーは、画質がとても悪いので、テキストの多くは読むことができず、従って、ここで提示された複製が正確であるかどうかもわからず、また、重要な情報や部品を見逃しているかもしれません。 スタン氏の構造は独特です。 まず最初に、プラスチックの部品は、ここに示されるように形づくられます:

9.gif


The size of this disc is matched exactly to the piece of clear acrylic used for the body of the housing. The drawing does not make it clear how this disc is attached to the acrylic tube, whether it is a tight push fit, glued in place or held in position with bolts which are not shown. The implication is that a ring of six bolts are driven through the top and tapped into the acrylic tube, as these are shown on one of the plan views, though not on the cross-section. It would also be reasonable to assume that a similar ring of six bolts is also used to hold the base securely in position. There is a groove cut in the plastic base to take an O-ring seal which will be compressed tightly when the disc is in place. There are either two or three threaded stud recesses plus two through holes to carry the electric current connections. The pipe support arrangement is unusual:
この(上の図)ディスクのサイズは、溝のある径の小さい部分が、透明なアクリルパイプ(容器)に正確に入るようになってます。 それが、きついはめ合いであるかどうか、適所で接着されるのか、または示されないボルトで定位置に保持されるのか、どのようにこのディスクがアクリルパイプに取り付けられるか、図面には記載されておらずわかりません。 推測される中心の穴は、6つの穴の開いたプラスチックリング(電極チューブが6本はまっている)をボルト固定するための穴ではないか。その為には、6つの穴の開いたプラスチックリングはそこそこの固さでアクリルパイプに固定されていると考えるのが妥当かもしれない。ディスクには、アクリルパイプにはめたときに、水が漏れないようにするための、Oリング用の溝が切ってあります。 残りのスタッド穴は、電流を接続する為の電極に使われるのではなかろうか。 パイプサポート配置は独特です:



プロフィール

ghostripon

Author:ghostripon
我が研究所へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ヤスの備忘録2.0 歴史と予知、哲学のあいだ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。